エヴァンゲリオン機体強さランキング10(ネタバレ注意) エヴァンゲリオン機体強さを議論の上考察し、ランキングにしました!果たして最強はエヴァンゲリオン第13号機か?エヴァンゲリオン8号機か? またエヴァンゲリオンMark.6の順位は何位なのか? ※20201030/新たに公開された考察分を追記しました※20200531/新たに公開された考察分を追記しました, 怒首領蜂大往生デスレーベルの人類初の撃破者であり、超深度でのエヴァンゲリオン考察をされている「もん」氏のエヴァンゲリオン考察の目次化を試みるエントリーです。, もん氏の考察をより多くの人に楽しんでいただきたいと思い、2020年6月に予定されているシン・エヴァンゲリオン劇場版でこの考察が当たっているか否かの答え合わせ、これまでのエヴァンゲリオンを再度見直すきっかけとして、といった楽しみの提供になればと思い、もん氏のご許可を頂きエントリーを公開しました。. 第4回は、相田さんの「... 近年大ブレイクし、CMやテレビドラマ・映画でファンを魅了する俳優・中村倫也。この記事では、中村倫也が演じた役柄と作品、その原作について紹介します。 その世界観にふさわしく多く... 2期のアニメ化が決まっている漫画『七つの大罪』。主要キャラクター7人と、魔神族「十戒」との最終決戦を目前に控え、この先の行方が気になるところです。戦いに入る前にまずは、「七つの大罪」の魔力や神器、「十戒」らの魔力や闘級... 『名探偵コナン』にはミステリアスな女性キャラクターがたびたび登場します。その中でも最初期に登場した灰原哀は物語の最重要ポイントであるAPTX4869に深く関わる重要な存在です。今回はその人物像について考察してみましょう。. マリの実年齢はユイやゲンドウに近く、ネルフ創設メンバーと深いかかわりがあったことが確実になりました。, PS2のゲームがしたい方必見!PCモニターやエミュレータでプレイする方法を徹底解説!, クラウドファンディングで入手した「KZ-S2」の最速レビュー!音質とTWSの両立がGOOD, ゲーミングチェアはテレワークの救世主になるか?GTRACING GT099-redのレビュー. ?何に注目して見ればいい?【ネタバレ注意】. 実は動物好きなど意外な一面を持つ彼は、俳優という枠に留まらずバラ... 2020年、『MOTHER マザー』や『星の子』といった話題の映画が2本も公開された大森立嗣監督。その作品の特徴は、社会の外側にいる人々を描いているということです。小説や漫画の映画化を多く手掛ける大森作品は、内外でも高... 小説も漫画も映画も基本雑食な、しがない物書き。温故知新で古典作品にもよく触れるようにしています。, ホンシェルジュはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。, 「エヴァンゲリオン」のあらすじを簡単に解説!ストーリーが始まる以前から時系列でまとめてみた, 「エヴァンゲリオン 新劇場版」完結編に向けたおさらい①:3作目「Q」の簡単なあらすじ, 「エヴァンゲリオン 新劇場版」完結編に向けたおさらい③:伏線がどうでもよくなる展開! このエントリーは、もん氏の膨大な考察を項目ごとに結論とセットで短い文章で目次化し、本文として各項目についての箇条書きと、各項目について参照すべき考察記事へのリンクで構成しています。. シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の冒頭10分間が公開されました。 今回はありちゃんのサイト「アリよりのアリ」へこのシン・エヴァンゲリオン劇場版:||についての考察を 寄稿記事としてお届けします。 エヴァンゲリオンのシン […] © 2020 黒崎くんの動画館 All rights reserved. monographはiPhone・Macなどのガジェットを中心に管理人PITE.の気になるモノを幅広く紹介するブログメディアです。 | 皆さんの中にも「ずっと気になっていたけどなぜか手を出してこなかった作品」という存在が一つくらいはあるものだと思います。 私にとっては本日扱う漫画『海街diary』がそれにあたり、多分好きなんだとは思いつつも触れないままに日々を過ごして... 少し大人向けの、全15巻以内で完結しているおすすめ漫画を5冊紹介しています!巻数が多くていつも読み切れない・少し大人向けの漫画を探している・一気に読みたいから完結していてほしい、というような方には、ぜひこの記事を読んでみてほしいです. ※20201030/新たに公開された考察分を追記しました※20200531/新たに公開された考察分を追記しました 怒首領蜂大往生デスレーベルの人類初の撃破者であり、超深度でのエヴァンゲリオン考察をされている「もん」氏のエヴァンゲリオン考察の目次化を試みるエントリーです。 エヴァンゲリオン機体強さを議論の上考察し、ランキングにしました!果たして最強はエヴァンゲリオン第13号機か?エヴァンゲリオン8号機か? またエヴァンゲリオンMark.6の順位は何位なのか? エヴァンゲリオン機体強さランキングをお楽しみください!ネタバレはご注意ください! 「エヴァンゲリオン」の関連作品をご存知でしょうか?1995年にテレビで初めて登場して以来、絶大な人気で映画を含む様々なメディアで展開されている作品です。そんな「エヴァンゲリオン」の最新映画が2020年に公開されることが決まり、話題を呼んでいます。 誰もが一度は「ラブコメ」的な恋愛に憧れるもの…。 しかし、恐らくラブコメが好きな読者ほど「あれ?こんな都合のいいこと現実にはなくない?」という悲しみを体感していることでしょう。 そこで、この記事では「ラブコメでは当たり前」になっ... アメリカのB級映画を最高の形でオマージュしている大人気漫画『ブラックラグーン』のあらすじと感想を書いています!B級感あふれる設定や魅力的な悪役はさることながら、それだけにとどまらない丁寧な心理描写やシリアスの描き方も魅力的な作品です。, ラブコメの記念碑にして、今のラブコメに多大な影響を与えた漫画『めぞん一刻』。この記事では、そんな『めぞん一刻』のあらすじや感想を紹介し、「今からでも読むべき」理由をいくつも取り上げています!. 映画『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』は、かつて一世を風靡した大人気ロボットアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のリメイク版として作成され、同時に新劇場版シリーズ四部作の第三作ともなった作品です。, ストーリーそのものは前作の「エヴァンゲリオン新劇場版:破」の続編ながら、辛うじて旧作の設定を残していた部分に関しても完全に分離してしまっており、本作ではこれまでの作品とは一線を画すような正真正銘のオリジナルシナリオが採用されました。, ただ、こうした大きな路線変更はファンの間で議論を呼び、作品自体がそれほど好意的に受け取られなかったというのもまた事実です。, 今回はそんな『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』の個人的な解説や考察を書いていきます!なお、ネタバレには注意してください。, ・次回予告の内容はいったいどこへ行った? ・訳の分からないまま進んでいくストーリー ・改めて考えても作品としての出来はいま一つ, かつてネルフの職員としてともに使徒と戦っていた面々は二つに分裂し、ゲンドウや冬月といった幹部が中心の新ネルフと、ミサトやリツコといった現場レベルの人物たちが中心のヴィレが抗争を繰り広げていました。, その戦いの中で、ヴィレはネルフによって衛星軌道上に封印されていた初号機を取り返すべく「US作戦」を敢行。苦戦を強いられつつも初号機の奪還に成功し、ヴィレ側は地球へと帰還しました。, そして、14年の歳月を経てシンジが目覚めます。彼はかつてネルフに襲撃してきた第十使徒との戦闘を最後に記憶が途切れてしまっており、一変している周囲の環境に驚きを隠せません。, 訳も分からないまま厳しい叱責を受けるシンジは、しだいに不満を募らせていきました…。, 本作を評するうえでは、どうしても否定的な観点からの解説が多くなってしまうでしょう。もちろん個々人のレベルで本作を気に入っている方もいると思いますが、大前提として全くもって社会には受け入れられていないため、そうした観点から本作を評さざるを得ないからです。, まず、そもそも本作の場合は「次回予告と映画の内容が全く違う!」という批判が寄せられています。実際、破の最後に公開された映像に出現してきた機体や設定は何一つとして本作には登場せず、これでは予告詐欺を指摘されても仕方がないでしょう。, もちろん「予告では面白そうだったのに映画はつまらなかった」という作品は枚挙に暇がないですが、「そもそも予告に出てきた光景が何一つとして本編に登場しない」という作品は本作以外に思いつきません。これも製作陣や体制が一新されたならともかく、全く同じスタッフですからね。, さらに、より罪深い点としては「予告の内容が非常に面白そうだった」ということもあると思われます。破の最高に盛り上がるラストでボルテージが高まっている状態の観客に、非常に出来のいい予告をぶつけてしまったのです。これではファンが舞い上がってしまうのも無理はないでしょう。, では、話を「なぜ予告と内容がこれほどまでに乖離してしまったのか」という核心部分に移してみたいと思います。結論から言ってしまうとこの詳細については公式に明かされていないのですが、まことしやかにささやかれている噂としては「2011年に発生した震災の影響で監督のメンタル面に大きな影響があった」というものがあります。, もともと庵野監督は精神面が非常に繊細な人物としても知られており、かつ震災のインパクトが重大であったことから、可能性としては否定できないでしょう。ただし、繰り返しにはなりますが公式な見解として発表されているわけではないので、真相は不明のままです。, また、上記に関連してですが「予告部分は破からQまでの空白期間に起きた出来事のダイジェスト」という見方も有力になっており、どうやら完全に破棄されたというよりは「予告の未来の世界」を描いたのがQという作品のようです。, もっとも、空白期間の予告をあらかじめ想定して作成していたとは思えないので、これに関しては後から決まったことだと思いますが。, 本作の問題点は非常にハッキリしており、端的に表現すれば「訳が分からないこと」に尽きると思われます。そもそも観客の立場からすれば、いきなり14年がたっていて、色々と変化を飲み込む前に周囲から糾弾されるという、作中におけるシンジの心情を追体験することになります。, しかも、シンジおよび我々に与えられている情報が責められることに納得できるものであればともかく、第十使徒を倒せたと思っているところにその罵倒が浴びせられるわけです。, そして、たいした説明もないまま冷遇されているシンジを眺めていると、突如としてやってきたネルフの面々によって彼が連れ去られてしまいます。現代から見れば「なぜシンジが冷遇されたか」や「ネルフとヴィレが対立しているという事実」が公開されてから時間もたっているので整理して鑑賞できそうですが、当時リアルタイムで見ていた筆者の頭の中はひたすらに混乱しっぱなしでした。, さらに、連れ去られたネルフで混乱に巻き込まれたシンジを救うようなポジションで出現したカヲルに「やっとシンジの立場に理解を示すキャラが出てきた」と少し安心したのもつかの間。相変わらず訳の分からないまま戦闘が始まってしまい、そして訳の分からないままカヲルは眼前の光景に困惑しつつ、なぜかカヲル身に着けていたチョーカーが爆発。いつの間にやら混乱が収まると、心ここにあらずといった様子のシンジがアスカとアヤナミレイによって手を引かれる形で物語は幕を閉じます。, これは先ほども述べたことですが、Qという作品が公開されて数年後の現代であれば納得できる描写もありました。しかし、いきなり予想だにしなかったような多量の新情報を詰め込まれた我々としては、それを整理することも叶わないまま呆然とすることしかできなかったのです。筆者は友人と鑑賞していたのですが、映画終了後の気まずい沈黙を忘れることはないでしょう。, そして、この作品は当時すでに普及していたネットの世界で、集中砲火を浴びることになりました。映画の感想ブログではほとんど例外なく散々に酷評され、「シンジがかわいそう」ということで彼が自身の置かれた立場の理不尽さを訴えかける二次創作が流行するなど「エヴァQ叩き」はかなりのものがあったことをよく覚えています。, 当時のバッシングについては、庵野監督自身が「あまりの酷評に死のうかと思った」と回想しているほどです。, 作品としての出来が良かったとは決して思えませんが、その一方で新劇場版全体の根幹にかかわるであろう設定が数多く公開されたことは注目しなければなりません。, まず、分かりやすいところではやはりネルフとヴィレが分裂しており、戦いの目的自体がこれまでの「人対使徒」ではなく「人対人」に変化しているということが挙げられます。この図式自体は旧劇場版でも確認されたものであり初出の設定ではないですが、そこに至るまでの過程が全く異なったものになっているということは、やはり注目するべきでしょう。, また、重要な設定として明かされたのがエヴァの呪縛というエヴァパイロットだけに起こる成長障害です。これは「一度エヴァに搭乗すると、14歳から身体的成長が止まってしまう」というもので、実際に本作ではアスカやマリが破と同じような外見のままになっています。, これの重要な点は「エヴァパイロットに関しては外見=年齢として考えることができなくなった」というもので、実際にかねてから語られていたマリの実年齢がシンジやアスカよりも大幅に上であるということを裏付ける証拠にもなりました。, さらに、本作に登場するレイは我々が知っている綾波レイではなく、「アヤナミレイ(仮称)」という事実も考察のし甲斐がありそうです。これは旧作の世界線でもそうですが、レイという存在は途中でクローンと入れ替わっていることが示唆されています。実際、エヴァに爆弾を抱いて特攻作戦を仕掛けた後にシンジがレイに話しかけると「多分、私は三人目だと思う」と返されてしまっています。, 以上の点をなぜ取り上げたかといえば、次作であるシンエヴァの予告映像を見る限り、上記の設定が新作に大きく関わりそうだと感じられたためです。まさに本作で予告詐欺の被害に遭った以上その内容を全面的に信じることは難しいですが、映像を見る限りではシンジとレイ、アスカが歩き出したラストからシンエヴァの冒頭部分に直接リンクするような時系列設定になっていると解釈できます。, そのため、これまでの作品以上に本作とシンエヴァは直接的な繋がりが深いと考えるのが自然でしょう。エヴァファンの中には「裏切られた」と当時にショックを感じ、それ以降Q を見返していないという方も多いのではないでしょうか。, 改めて振り返っても「よく考えたら傑作だった!」とはならないと思われますが、当時よりはいくらか冷静に鑑賞することができますし、シンエヴァとの結びつきを考えれば予習と割り切って見返すのは有効であると考えます。, 本作が酷評されたことはすでに触れましたが、そういった評論の中で「こんな明らかに破綻した作品をなぜ作ったのか」「わざと作品を壊したのか」といった評価が散見されました。そこで、この項では「作品を破綻させたのは故意か否か」を論じた後、本作で目指した方針が採用されることになった理由を考察していきます。, まず、本作の出来は意図的か偶然かという問題がありますが、これはやはり意図的なものだと考えています。その理由として、庵野監督という人は「作ろうと思えば売れる作品を作る力量がある」と思われるからです。, 実際、旧アニメエヴァの前半~中盤や新劇場版序・破と、エヴァだけで考えても十分に大衆ウケするような作品を製作できることは証明していますし、エヴァ以外でも『シンゴジラ』に関しては大作経験が豊富な監督らしい安定した力量を披露していました。ここから、作ろうと思えば売れ線の作品を生み出す技量はあると考えます。, しかし、本作のストーリーは誰が見ても破綻しているという他なく、上記のような作品を生み出した監督とはまるで別人のような作風に感じられます。仮にミスだとすればもはやゴーストライターに脚本を書かせたと言ってもいいレベルで、とても正気の沙汰とは思えません。となれば、やはりワザと滅茶苦茶な作品を作ろうと考えたというほうがまだ理解できるでしょう。, では、なぜ作品の名声を貶めるような方向性のシナリオになってしまったのか。これに関しては先ほど触れた「震災の影響でエンタメに向いた話を書けなくなった説」だけでなく、「ファンの期待を裏切りたくなった」という庵野監督特有の悪癖が関連しているのではないかと予想します。, そもそも彼の作品は終盤になると一気に難解になり、人によっては破綻していると目を覆いたくなるような内容へと変化していきます。これに関しては、監督が「オタク嫌い」である、つまり王道のストーリーを望む大衆を嫌悪しているという一面が常に指摘されており、今回の作風もそうした価値観の上に成り立っているのではないでしょうか。, 個人的に気になるのは作品をリリースした後に発した「バッシングに耐え兼ねて死のうと思った」という言葉です。始めから意図して本作を作っていたのであれば本来出てこないはずの台詞であり、意図的失敗説を否定する根拠になり得るかもしれません。, ただし、これについても監督の情緒が不安定なことは有名であるため、「当時は本当にしてやったりという気持ちだったが急に後悔するようになった」「想定していたよりもずっと叩かれて鬱になった」など、いくらでも仮説を立てることができるのもまた事実です。, 本作はエヴァの作品として、というよりも一つの映像作品として大きな問題を抱えた映画です。その見解については筆者としても異論を唱えるつもりもないのですが、個人的に気になったのは分野を問わずクリエイター・評論家の中には本作を高く評価する声が少なからず確認できました。, そうした評価の内容の多くは「鬱展開と芸術性の高い演出が素晴らしく、これぞエヴァなんだ」というものでした。こういった類の評論に多く見られる「これぞエヴァ」というキーワードが、本作の評価を大きく左右するポイントになっているのでしょう。, 実際、前作のように強いエンタメ性を打ち出して大衆に迎合する一面もあれば、本作のように大衆を突き放して一部のコアなファンを対象とする一面もあるのが、このエヴァというシリーズです。そのため、言ってしまえば「破が好きな人はQが嫌いで、破が嫌いな人はQが好き」という、本シリーズの二面性を端的に表した二作品であったとも考えられるのではないでしょうか。, こうした二面性は、一見するとマイナスに思える一方で本作の「大衆的な面白さ」と「クリエイターのやりたいこと」を絶妙なバランスで両立させているという見方もできます。個人的に庵野監督という人は、常に大衆受けだけを意識して作品を作り続けることはできない監督だと認識しているので、逆に本作が良いガス抜きになったのかもしれません。, そして、上記の二面性を踏まえると、我々が気になるのは「シンエヴァがいったいどちら側に属する作品になるのか」ということでしょう。個人的には大衆側の人間なのでエンタメ的な面白さを重視してほしいと思うところですが、これまでの傾向的に監督はあまり物語を綺麗に終わらせてこなかったことは気がかりです。, U-NEXTには見放題の邦画や洋画が多くあり、ポイントを使うことで最新の映画も見ることができます!, 毎月1,200円分のポイントを貰うことができるので、個人的に動画配信サービスの中でも一番おすすめです。, 無料のお試しキャンペーンがあり、無料期間中に解約することもできるので、まだ試していない方は是非どうぞ!, FILMEST(フィルメスト)は年に数百本近い映画を見てしまう様な、映画好きによる感想や解説、考察を紹介するサイトです。, 『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』ネタバレ感想・解説・考察!シンジに同情?監督に絶望を与えた問題作, 『透明人間(2020)』ネタバレ感想・考察・解説!見えない恐怖、そのラスト・結末にゾワっとする, 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』ネタバレ感想・考察!エンドクレジットの意味、女性VS男性について, 『スペンサーコンフィデンシャル』ネタバレ感想・解説!ポストマローンも出演!続編はある?, 『エヴァンゲリオン新劇場版:破』ネタバレ感想・解説・考察!謎多きマリの正体って?エンタメエヴァの最高傑作. 今回は、いよいよ公開が来年に迫った新劇場版最終作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が無事に公開されることを祈りつつ、実は新劇場版しか観たことない、あるいはまだエヴァを観たことがないという方の旧エヴァ入門に最適な漫画版「新世紀エヴァンゲリオン」の簡単なあらすじや感想、考察などを紹介していきます。, また、既に旧作を観ている方にも、アニメ・旧劇場版との違いについても解説していくので、エヴァに興味がある方には楽しんでいたただけると思います。, あらすじに関しては従来放送されてきたTVアニメと全く同じなので、軽い紹介にとどめます。, 彼らはその正体も目的も不明だが、 さまざまな形態・特殊能力で人類に戦いを挑んできた。, この謎の敵“使徒”に人類が対抗する唯一の手段が 「汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン」である。, 国際連合直属の特務機関「ネルフ」によって主人公「碇シンジ」を含む3人の少年少女がその操縦者に抜擢された。, パワフルなバトルアクション。謎また謎のスリリングなストーリー。少年少女達の葛藤、そして心の成長。, ただ、アニメ版はそれはそれは難解なストーリーで構成されているので、正直このあらすじっぽいストーリーが展開されるのは、せいぜい「男の戦い」くらいまででしょう。, しかし、漫画版は基本的な設定こそアニメ版と変わらないものの、作風が随分と明るくなったので、このあらすじがある意味そのまま表現されているように感じます。, さて、基本的なストーリーは最終盤までアニメ版・旧劇場版とほぼ同一です。つまり、全14巻で構成されているストーリーのうち、13.5巻はほぼ同一のストーリーといえます。, 画像出典:https://thetv.jp/news/detail/151333/, シンジがエヴァに乗り、使徒を倒せども倒せども消耗していくばかり。そしてすべての使徒を倒した と思ったら、人類補完計画が始まってしまう。, ここまでの概要はほぼ同一です。また、難解さがないとはいいませんが、良くも悪くもわかりやすい世界観に書き換えられているため、エヴァのストーリーを知りたいというライトなファンには最適です。, しかし、「それならば、エヴァ入門書としてはいいけどファンは読む必要がないのでは?」, つまり、ファンであればファンであるほど、その細かな違いに気づいてそれを楽しむことができるのです。, 分かりやすいところでは、シンジがちょっぴり男前で前向きな性格となっており、終盤にはカヲルに対し「前歯全部折ってやる!」という、衝撃的な発言をしています。, シンジにそんなことを言える度胸がなかったことは、ファンの方ならよくご存じでしょう。, その他にも、省略されている使徒がいる、生死が異なるキャラクターがいる、あの謎めいた二枚目キャラクターの過去がはじめて明かされるなど、既存のファンにも嬉しい要素が数多くつめこまれています。, また、漫画版は完結になんと19年の歳月を要したため、私を含めファンは待たされ通しでした。, しかし、今ならすぐに全巻読めますので、漫画を一気に読みたいという方にもおすすめできます。, この部分は、アニメ版では旧劇場版第二作「Air/まごころを君に」の終盤にあたります。旧劇では、シンジが人類補完計画を否定し、アスカとただ二人LCLの海で生き残ります。, そこで、シンジはアスカの首に手をかけ、それを絞めます。意識を失っていたアスカはそのことに気付くと、そっとシンジの頬を撫でます。, 画像出典:https://ameblo.jp/evacollection/entry-12107130631.html, …正直、初見の私は「なんなんすかこれ?」という感想しか出てきませんでした。その後、考察サイトなどをみていくといろいろと捉えようのあるラストシーンだということは理解できましたが、少なくとも「限りなくバッドエンドに近いビターエンド」であるということは間違いなさそうです。, 人類補完計画の失敗後、世界は何事もなかったかのように再構成されます。そこでは、シンジは普通の中学生として日々を過ごしています。すると、上京する電車内でアスカに出会います。, しかし、二人はまるで初対面のように振舞います。おそらく、出会った記憶がなくなってしまっているのでしょう。その後、シンジはミサトが愛用していたペンダントを握りしめ、明日への希望を語り物語は幕を閉じます。, ただ、物語として筋が通っていてわかりやすいのは確かなんですが、エヴァ特有の「意味深長さ」があまり感じられないというのも事実です。, これは、作者の貞本さんの解釈がたぶんに反映されているためでしょう。ここは好みの問題だと思います。, さて、エヴァの考察は一時期ブームになったこともあり、既に星の数ほど考察が存在します。, そのため、既存部分の考察と、材料が少なすぎるという理由でラストシーンの考察は省略します。, ここで考察するのは、最終巻に掲載されていた外伝エピソード「夏色のエデン」についてです。, ここでは、ゲンドウやユイの学生時代の一幕が描かれており、物語の鍵を握っているにもかかわらずあまり描写がなされない彼らの過去を知るための重要な手がかりになっています。, さらに、最大の注目点は、新劇場版で初登場した新キャラクター「真希波・マリ・イラストリアス」が、このエピソードに登場するという点です。, 画像出典:https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1357879445, まず、司令であるゲンドウを「君」付けで呼びます。マリからすれば一回りも二回りも年上の存在であり、立場も同様です。普通であれば、そのように親しげな呼びかけはしないでしょう。, また、作中で本来はアスカの機体であるエヴァ弐号機と、容易にシンクロしてみせ、さらにネルフの機密事項である「裏コード」の存在を知っていました。, 他にも、レイの姿をみて、マリが日本に来るはるか昔に死亡しているユイの存在を示唆する、エヴァの呪縛というシステムによりエヴァのパイロットは年を取らないことが明かされるなど、異質な存在であることが示唆されていました。, このエピソードは、ユイやゲンドウがまだ大学生であった1998年を舞台にしています。ここで登場するのが、2年飛び級で入学した少女でした。, この少女は作中でユイやゲンドウと触れ合いますが、その正体はマリであることが最後のコマで明かされます。, このエピソードから、マリの実年齢はユイやゲンドウに近く、ネルフ創設メンバーと深いかかわりがあったことが確実になりました。これで、マリに関する異質さは概ね明かされたといえるでしょう。, もちろん、この事実が判明したところで、その正体が完全に解明されるわけではありません。ただ、こうした設定が明かされたことで、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開が待ち遠しくなったことは紛れもない事実です。, マリの秘密が明かされることになるのか、2020年に答えが出ることを期待しています。, ここまで、漫画「新世紀エヴァンゲリオン」についてさまざまな点から紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。, その分かりやすさから、エヴァの入門書としても楽しめますし、細かな設定や新要素から、既存のファンも楽しめる作品になっています。, 上智大学文学部史学科を卒業後、フリーライターとして活動中。 執筆分野は専攻の歴史系を中心に、文芸・旅行・若手フリーランス論など多岐にわたる。 お仕事の相談も募集中なので、詳しくはお問い合わせフォームよりご一報を。, 『今日から俺は!!』などで知られる西森博之の描いた『お茶にごす』は、ヤンキー・コメディ・茶道という異色の組み合わせが魅力の漫画です。絵柄に癖があるためどうしても敬遠されがちですが、読み進めていくとそれが魅力に変わってきます!.