ヴィクトリアの孫にして、現在の女王エリザベスの祖父。, その次は、ジョージ5世の長男エドワードが継ぐ・・・と思いきや、なんと!不倫相手のアメリカ人女性と結婚するため、わずか325日で退位。 新しい情報などがあれば、Twitter(@zacknet7)などで、つぶやいていこうと思います。, 【追記:2019.7.28】 父親であるジョージ6世の吃音描く 2011年2月5日 20時53分 『英国王のスピーチ』より-幼少のエリザベス女王 - (C) 2010 See-Saw Films. 今回のNHK版では、シーズン2の8話+クリスマス・スペシャルを前後編に分割=全10話で放送。

最新作シーズン3は、今年2019年にNetflixで配信予定です。, このように、ヴィクトリア以降の映画やドラマ作品を追うことで、英国王室の血脈だけでなく、英国の歴史、世界の歴史を知ることができて、より深く作品を楽しめるのではないかと思います。, いよいよ始まったシーズン2! )」と叫んだ。ミュンヘン協定を締結したときのチェンバレンのときと同じく、ジョージ6世国王とエリザベス王妃はチャーチル首相とともに宮殿のバルコニーに姿を見せ、国民からの喝采を受けた[78]。1946年1月にロンドンで開催された第1回国際連合会議で、ジョージ6世は公式演説を行い、「男女の別、国の大小に関わらず、信念はみな平等である」と断言している[79]。, 第二次世界大戦において戦勝国となったものの、本国がドイツ軍の空襲を受けるなど戦禍にさらされ、アジアでも多くの植民地を日本軍に蹂躙され国力を削がれた大英帝国の崩壊は加速していった。1931年に発布されたウェストミンスター憲章で、すでに各イギリス自治領がそれぞれ主権を承認されていた。それまでの大英帝国から、イギリス連邦として知られる各独立国の自由意志による同盟への移行は、第二次世界大戦後、とくに労働党党首クレメント・アトリーが首相を務めた時代(1945年から1951年)に勢いを増していった[80]。, 宗主国として世界各地の植民地に君臨する国力も威厳も失ったイギリスは急速に求心力を失い、1947年にはイギリス領インド帝国が、インド連邦とパキスタンの二国に分離独立した[81]。これにより、ジョージ6世は「インド皇帝」の称号を失い、「インド王」、「パキスタン王」となっている。1950年にはインドがイギリス連邦に留まったまま共和制へと移行したことから、ジョージ6世は「インド王」の称号も失ったが、「パキスタン王」の称号は生涯保持し続け、インドは「英連邦君主 (en:Head of the Commonwealth)」という新たな称号を承認した。その他、1948年1月にビルマ、1948年5月にパレスチナ、1949年にアイルランドが、イギリス連邦から脱退している[82]。, 1947年に国王ジョージ6世一家は、連邦構成国である南アフリカ(現在の南アフリカ共和国)を公式訪問した[83]。翌年に総選挙を控えていた南アフリカ連邦首相のヤン・スマッツは、このイギリス国王一家訪問を政治的に利用することを考えていた[84]。, しかしながらジョージ6世は、人種差別的政策を行う南アフリカ連邦政府から白人(ヨーロッパ系)とのみ握手するよう要求されたことに愕然とし[85]、連邦政府から自身につけられた護衛官たちを、ナチス・ドイツの秘密警察だった「ゲシュタポ」と称して非難している[86]。また、南アフリカ連邦政府から、現地人たる黒人の叙勲者に対して直接勲章を授与することも拒否され、「あいつら(白人の政府関係者)を全員射殺したい」と漏らした。, なおスマッツは1948年の総選挙 (en:South African general election, 1948) で敗北し、新たな首相ダニエル・フランソワ・マランは人種間差別政策アパルトヘイトを確立した。この事により南アフリカは1961年にイギリス連邦から追放されている。, 「戦時中の心労がジョージ6世の健康を損ねた」といわれている[87][88] 。ヘビースモーカーだったことも体調悪化に拍車をかけ[89]、肺がんと動脈硬化などの慢性疾患を複数併発した。推定王位継承者(イギリス王位継承順位第1位)である長女のエリザベス王女が、体調不良で公務に時間を割けない父の国王ジョージ6世の代行をし、さらに多くの公務をこなすようになっていった。, 右足の動脈閉塞と、それに伴う手術を1949年3月に受けたために、予定されていたジョージ6世のオーストラリア、ニュージーランド訪問は延期されている[90]。延期されたこの訪問は、エリザベス王女とエディンバラ公フィリップ夫妻が、ジョージ6世国王エリザベス王妃夫妻の代理として訪問することで再調整された。1951年5月に開催された英国博覧会 (en:Festival of Britain) の開幕式には出席できるまでに回復していたジョージ6世だったが、左肺に悪性腫瘍が発見され、9月23日に摘出手術を受けている[91]。12月の議会開会宣言 (en:State Opening of Parliament) の場で、ジョージ6世が行うはずだった国王演説は、大法官を兼任する貴族院議長ギャヴィン・シモンズが代読した[92]。また、毎年の恒例行事となっていたクリスマスの全国民向けラジオ放送を行った際も、話の途切れた部分をテープから切り取って、言葉が一貫して繋がるように編集しなければならない程だった[93]。, 1952年1月31日に、周囲の反対を押し切ってジョージ6世は、ロンドン・ヒースロー空港まで足を運び、イギリス帝国領のケニア植民地経由でオーストラリアとニュージーランド両国への海外公務に旅立つエリザベス王女の送迎をしている。これが父娘の最後の対面であり、ジョージ6世の長女エリザベスが「エリザベス王女(Princess Elizabeth)」として最後にイギリス本国に存在した瞬間でもあった。, 1952年2月6日朝、サンドリンガム・ハウスのベッドで他界したジョージ6世が発見された。死因は就寝中の冠動脈血栓症で、この時ジョージ6世は56歳だった[94]。突然の父ジョージ6世の訃報、すなわち自身のイギリス新女王への即位を滞在中のケニアで知らされたエリザベス王女は、「女王エリザベス2世(Queen Elizabeth II)」として即位するために、夫フィリップとともにイギリス本国へ急遽帰国する[95]。, 2月9日から2日間、ジョージ6世の遺体が納められた棺はサンドリンガムの聖メアリ・マグダレーン教会に安置された。その後、亡き先代国王ジョージ6世とイギリス国民が別れを告げるために (en:lying in state) ウェストミンスター宮殿のホールに棺が運ばれている[96]。ジョージ6世の国葬はウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で、2月15日に行われた[97]。礼拝堂地下にある歴代王族の墓所に葬られたが、後に「ジョージ6世祈念礼拝堂」が建設され、1969年3月26日に同礼拝堂に改葬された[98]。, 子供に先立たれた母后メアリー太王太后の悲嘆は深く、翌1953年3月24日、孫娘のエリザベス2世の戴冠式(英語版)を見ることなく崩御した。, 未亡人となったエリザベス王太后は「国母」として国民に敬愛を受けつつ、病弱で早逝した夫とは正反対に長命を保った。その母王太后と姉エリザベス2世女王を後にして先に次女マーガレット王女が2002年2月9日に71歳で薨去すると、後を追うように同年3月30日に101歳で崩御した。両者ともジョージ6世の墓所の隣に埋葬された。, 労働党のスコットランド出身庶民院議員ジョージ・ハーディ (George Hardie) は、1936年のエドワード8世の王位放棄について「共和主義に大きな恩恵を与えた出来事で、50年かけて宣伝する以上の効果をもたらした」としている[99]。ジョージ6世は兄エドワードに、国王退位の影響によって「イギリス王座が揺らいでいる」とし、不本意ながら王座を「もと通りに強固なものにすること」が自身の務めだという書簡を書いた[100]。, このようにジョージ6世は、イギリス王室に対する国民の信頼が極めて低いときに、王位に就かねばならなかった。さらにその治世中、国民は戦争の困窮に耐え偲ばねばならず、その後大英帝国の威光はなくなっていった。しかしながら、ジョージ6世は誠実な家庭人で、かつ責任感の強い国王であり、個人的な勇気を示すことによって、イギリス国王の信頼感を取り戻すことに成功した[101][102]。, 「ジョージ・クロス」と「ジョージ・メダル (en:George Medal)」 は、どちらも第二次世界大戦中にジョージ6世が考案し、一般市民の勇敢な行為を表彰するために制定された勲章である[103]。1943年には「マルタ島すべて」を対象にジョージ・クロスを授与した[104]。また、死後の1960年には、フランス政府から、チャーチルとともにジョージ6世にリベラシオン勲章 (en:Ordre de la Libération) が追贈されている[105]。, 各地の地名や道路など、ジョージ6世にちなんで名付けられた場所は多い。ロンドンのキング・ジョージ病院 (en:King George Hospital, London)、サレーのキング・ジョージ VI・ハイウェイ (en:King George VI Highway)、キング・ジョージ駅 (en:King George Station)、南極のジョージ6世海峡 (en:George VI Sound)、ともに競馬のG1競走であるキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスやキングジョージ6世チェイスなどが有名である。, 2010年のイギリス映画『英国王のスピーチ』では、ジョージ6世が吃音症を克服するさまが描かれている。ジョージ6世を演じたコリン・ファースがアカデミー主演男優賞を受賞したほか、アカデミー作品賞など4部門でアカデミー賞を獲得した[106]。, 2012年のイギリス映画『私が愛した大統領』ではサミュエル・ウェストがジョージ6世役を演じた。, 2015年のイギリス映画『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』ではルパート・エヴェレットがジョージ6世役を演じた。, 2017年のイギリス映画『チャーチル ノルマンディーの決断』ではジェームズ・ピュアフォイがジョージ6世役を演じ、同年のイギリス映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』ではベン・メンデルソーンがジョージ6世役を演じている。, 2016年のNetflix配信テレビドラマシリーズ『ザ・クラウン』ではジャレッド・ハリスがジョージ6世役を演じている。, 1919年12月に海軍ロッジNo2612でフリーメイソンに加入している。同じくフリーメイソンリーである兄エドワード8世(ウィンザー公)、弟ケント公ジョージとともにフリーメイソンに多大な貢献を行った[107]。, 1936年にはスコットランド・グランドロッジ(英語版)のグランドマスター(英語版)となり、翌年の即位まで務めた[108]。, 即位後の1939年7月19日には弟ケント公とともに世界中のメイソン代表者1万2000人をロンドンの「オリンピア」に招き、その大会を彼自ら「イギリス・グランドロッジ連合」として主宰している[107]。, ジョージ6世は、イギリス国王の曾孫、孫、息子として、その生涯を通じて多くの称号で呼ばれた。即位後は、単に「国王(the King)」ないし「陛下(his majesty)」と呼ばれることが通例だった。また、イギリス国王としてのジョージ6世は、自動的にカナダ全軍とイギリス全軍の(名目上の)「最高司令官」の地位にも就いている[109][110]。, ヨーク公爵時代のジョージ6世の紋章は、イギリス国王紋章に、白色の3本のポイント(垂飾り)がある横帯が追加されたものである。中央のポイントには青色の錨が描かれている。この紋章は、ジョージ6世の父ジョージ5世がヨーク公爵に叙爵されたときに採用された紋章と同じもので、後にエリザベス2世の次男アンドルーがヨーク公爵に叙爵されたときに引き継がれている。ジョージ6世のイギリス国王としての紋章は、歴代イギリス国王と同じ紋章が引き継がれている[111]。, Judd, p. 3; Rhodes James, p. 90; Townsend, p. 15; Wheeler-Bennett, pp.

さらに、イケメン王子アルバートにも、キャーキャー!(キャーキャーうるさい。笑), また、使用人ジェンキンス、侍女スケレット、アルバートの兄エルンストといった、ヴィクトリアを取り巻く人々のエピソードも、よかったですよね。 ヴィクトリアの曾孫で、現在の女王エリザベスの父。 アルバート王子との結婚と出産。 ,

どこかでまとめて見放題配信してほしいですね, 全話見た感想などは、また後日、改めて書きたいと思います。 主演は、「エージェント・カーター」などでおなじみ、ジェームズ・ダーシー。, 「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」は、DVDレンタルをはじめ、Amazonビデオなどで有料レンタル配信中です。, そんな騒動の後に王位を継承して国王になったのが、ジョージ5世の次男ジョージ6世。 Amazonプライムビデオのおすすめ海外ドラマはこちら!, ■スターチャンネルEXのおすすめ 2020 All Rights Reserved. 伝統と格式を重んじる英国王室。現エリザベス王女陛下の父君で、前国王のジョージ6世は吃音症という症状に長年苦しめられてきました。国王として、それ以前に自分自身のため。欠点となる吃音症を克服すべく、ジョージ6世はひとりの言語療法士と出会います。 アカデミー賞も受賞した名作。 まさに「国王やめます!」という状態。(笑) HuluやNetflix・dTV・Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスで映画や海外ドラマをごきげんに楽しむブログ, 【追記:2019.7.28】 そして、首相メルバーン卿との、淡い初恋。 以降、毎週日曜23時に最新話を放送予定です。, 今作「女王ヴィクトリア 愛に生きる」の主人公である女王ヴィクトリアは、現在の英国女王エリザベスの高祖母(ひいひいおばあちゃん)にあたります。, これまで、英国王室の人々を描いた映画やドラマ作品は、数多く制作されてきました。 本国では、2017年にシーズン2全8話+クリスマス・スペシャルが放送されました。

(マスケS3の前例)

も~ 待ちくたびれたよぉ!, 前作シーズン1では、17世紀の英国を舞台に、女王ヴィクトリアの即位から結婚、出産までが描かれていきました。

27) Act 1936) を可決した。そして翌日には外交に関する法案 (en:Executive Authority (External Relations) Act 1936) が議会を通過し、イギリス国王はアイルランドの外交問題に関する代表者に過ぎないという内容の条項を持った法案が成立した。これらの法案の成立は、アイルランド自由国に、イギリス連邦の一員ではあるものの、共和制の性格を本質的に持たせるという二面性を与えることとなった[42]。, 報道記者でもあった宮廷人ダーモット・モラーは、当時の宮廷内には、ヨーク公アルバートとその子女、弟グロスター公ヘンリーよりも、末弟ケント公ジョージこそがイギリス国王に相応しいという雰囲気があったと断言している。これは、明るく社交的な性格で、長兄エドワードに似た華やかな雰囲気を纏っていた事に加え、当時の前国王ジョージ5世の王子たちの中で、ジョージだけに男子(後にケント公を継いだエドワード)がいたことが影響していると考えられている[43]。, アルバートは統治名 (尊号) にジョージ6世を選んだ。これは父王ジョージ5世の方針を引き継ぐことと、エドワード8世の退位騒動で揺らいだ王室への信頼を回復するという、アルバートの意思の表れだった[44]。新たな国王ジョージ6世が最初に直面した問題は、前国王である兄エドワードの地位や称号の処遇だった。, 退位宣言が発表されたときには「エドワード王子殿下(His Royal Highness Prince Edward)」とされていたが[45]、ジョージ6世は、王位を放棄したエドワードが「王族の殿下」を意味する「Royal Highness」などの王族を意味する称号を名乗る資格を失ったのではないかと思っていた[46]。最終的な妥協案として、エドワードには「ウィンザー公爵殿下 (His Royal Highness The Duke of Windsor)」の称号が贈られたが、このウィンザー公爵位の規定では、エドワードの妻、子供が王族を意味する称号を名乗ることは許されていなかった。, また、ジョージ6世はエドワードから王室伝来の邸宅も買い戻さなくてはならなかった。バルモラル城やサンドリンガム・ハウスなどは、エドワードが私有財産として相続したものであり、ジョージ6世が国王になったとはいえ、自動的に相続権が移転する性質のものではなかったためである[47]。ジョージ6世が即位した3日後の1936年12月14日は、自身の41歳の誕生日だった。この日ジョージ6世は、妻エリザベスに王妃の称号とガーター勲章を贈っている[48]。, ジョージ6世の戴冠式は1937年5月12日に挙行された。この日はもともとエドワード8世の戴冠式が予定されていた日だった。この戴冠式には、未亡人となった王妃は以降の戴冠式には姿を現さないという慣例を破って、故ジョージ5世妃メアリーが、新王ジョージ6世の支持を表明するために出席している[49]。日本からは秩父宮雍仁親王と勢津子妃が昭和天皇の名代として参加し[50]、外国王室筆頭の扱いを受けるなど、イギリスは同じ君主国であり近年まで同盟を結んでいながら、ドイツとの関係を深めつつあった日本に配慮を示した[51]。5月20日に行われたジョージ6世戴冠記念観艦式には、日本海軍から重巡洋艦「足柄」が参加した。, また、ジョージ5世が即位したときには挙行された、イギリス領インド帝国デリーでの新国王の公式謁見は、インドの植民地政府の費用負担が大きいとして行われなかった[52]。当時のインドでは、スバス・チャンドラ・ボースやマハトマ・ガンジーらによる独立運動が活発化しており、国王夫妻がインドを訪問してもほとんど歓迎されない可能性が高かったため、独立推進派からもインドでの公式謁見中止は歓迎された[53]。当時の国際情勢は第二次世界大戦直前の緊張したもので、インドにとってもイギリスとの長期にわたる関係悪化は望むところではなかったのである。ただし、国王夫妻のフランスと北米への外遊は実施された。どちらの外遊も、戦争に向けた戦略的優位性を確立するための公式訪問だった[54]。, ヨーロッパで高まる戦争への気運が、ジョージ6世の統治初期に大きな影響を与えた。憲法上、国王たるジョージ6世には、首相ネヴィル・チェンバレンが推進するアドルフ・ヒトラーへの宥和政策に協力する義務があった[10][55]。1938年のミュンヘン会談で、ヒトラーの要求をほぼ全面的に認める協定を締結したチェンバレンを迎えた国王夫妻は、チェンバレンにバッキンガム宮殿のバルコニーで国王夫妻とともに、国民からの歓迎を受ける特権を与えた。国王と政治家の友好関係を大衆の前で見せるのは極めて例外的であり、王宮のバルコニーからの謁見も伝統的に王族のみに許される行為だった[10]。, 当時のイギリス国民からは広く歓迎された、チェンバレンの対ヒトラー宥和政策だったが、イギリス議会庶民院ではこの政策に反対する意見もあった。歴史家ジョン・グリッグ (en:John Grigg) は、この時期のジョージ6世の政治的行動が「ここ数世紀のイギリス国王の中で、もっとも憲法に違反している」としている[56]。, 1939年5月から6月に、国王夫妻は、カナダとアメリカを公式訪問した。国王夫妻の随伴として、オタワからカナダ首相ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キングが同行し[57]、北米各地でイギリス国王、王妃がカナダ国王でもあることを紹介する役割を果たした[58][59]。ジョージ6世は、ヨーク公アルバートの時代にカナダを訪問したことがあるが、カナダ国王として北米を訪問した最初のイギリス国王でもある。, カナダ総督ジョン・バカン (John Buchan, 1st Baron Tweedsmuir) とカナダ首相マッケンジー・キングは共に、今回のイギリス国王のカナダ訪問が、1931年に発布されたウェストミンスター憲章の精神の実証となることを望んでいた。ウェストミンスター憲章は、各イギリス自治領に完全な自治権を与え、イギリス国王をそれぞれの国が自国の国王として戴くという憲章である。ジョージ6世のオタワでの滞在先は総督公邸のリドー・ホール (en:Rideau Hall) で、この場所でジョージ6世は新たにカナダに赴任するアメリカ公使ダニエル・カルフーン・ローパーの信任状を受領し、認可している。イギリス国王夫妻のカナダ訪問の公式記録者であるカナダの歴史家ギュスターヴ・ランクト (en:Gustave Lanctot) は、イギリス国王のカナダ訪問の様子を「国王陛下ご夫妻がカナダでの滞在先(リドー・ホール)に入られたときに、ウェストミンスター憲章が真の意味で完全なものになった。カナダ国王が自国へと帰還されたのである」としている[60]。, このイギリス国王夫妻の北米訪問には、当時ヨーロッパで高まりつつあった諸国間の緊張のために、アメリカやカナダの民衆の間に現れつつあった強固な孤立主義者たちの態度を軟化させるという意義もあった。近いうちにヨーロッパで起こるであろう戦争に備えて、イギリスへの支援を要請するという政治的目的を主眼とした公式訪問ではあったが、ジョージ6世とエリザベスは北米の民衆から熱狂的な歓迎を受けている[61]。, 前国王エドワード8世に比べてジョージ6世は見劣りがするのではないかという噂もあったが、そのような懸念は見事に払拭された[62]。ジョージ6世とエリザベスはカナダからアメリカに向かい、1939年のニューヨーク万国博覧会に出席した。アメリカでは大統領公邸のホワイトハウスでアメリカ大統領フランクリン・ルーズヴェルトと会談し、ハイド・パーク (en:Hyde Park, New York) にあったルーズヴェルトの私邸 (en:Home of Franklin D. Roosevelt National Historic Site) を訪問している[63]。アメリカ公式訪問を通じて、イギリス国王夫妻とアメリカ大統領ルーズヴェルトとの間に強い信頼関係が結ばれ、この友情が第二次世界大戦でのアメリカとイギリスの関係に大きな影響を及ぼした[64][65]。, 1939年9月3日に、イギリスとアイルランド自由国以外のイギリス自治領は、9月1日にポーランドを侵略したドイツに宣戦布告した[66]。, ジョージ6世と同妃エリザベスは、ロンドンがドイツ空軍による大空襲に晒されても、ロンドンに留まることを選択した。公式には、大戦を通じて国王夫妻はバッキンガム宮殿に居住していたとされているが、空襲を受けることも多い夜間にはウィンザー城で過ごすことのほうが多かった[67]。最初にロンドンが爆撃されたのは1940年9月7日で、このときにはテムズ川北側のイースト・エンドを中心に、およそ1,000人の民衆が犠牲になった[68]。9月13日にはドイツ空軍機が投下した2発の爆弾がバッキンガム宮殿の中庭に着弾し、宮殿で執務中だった国王夫妻が九死に一生を得たこともあった[69]。王妃エリザベスが「爆撃された事に感謝しましょう。これでイーストエンドに顔向け出来ます (I'm glad we've been bombed.