試験条件:特定条件での保存(加速テスト)後、JISデジカメモードでの放電試験において。, 単1形から単4形のサイズで、業界初※5の10年保存を可能にした※4乾電池エボルタ。長期保存ができるので防災用にストックしておけば、いざという時にパワーを発揮。もしもの時に備えて、安心して保存できます。, ●乾電池の使用推奨期限とは、表示の期間内に正しい使用方法で使用開始した場合JISに規定する持続時間などの性能を満たす正常動作が可能な期限です。, 負極(-)材料にパナソニック独自の新亜鉛合金を採用し、ガス発生を大幅に抑制することで、 実際に1歳の子供がおもちゃで遊んでる歳に誤っておもちゃから電池を出してしまい、その電池がたまたま液漏れしてたことで皮膚移植が必要なほど重症のやけどを負った事例があります。, すぐに洗い流せば後遺症は残りませんが、少し放置すると化学やけどの跡が残る可能性があります。, その際、目をこすると傷がつく可能性があるのでこすらずに洗い流すようにしてください。, 基本すぐに処理すれば問題ありませんが、目や口に入った場合は念のため医療機関を受診することをおすすめします。, 気づかずに放置したことで粉が床全体に散らばったり、空気中に舞ったりするのを子供やペットがいるから怖いと過剰に心配する人がいます。, しかし特に液漏れが乾いたあとの粉上の物質を少量を触った程度ではそこまで強い影響はないので必要以上に怖がることはありません。, また液漏れした水酸化カリウム(KOH)は空気中の酸素と結びついて炭酸カリウム(K2CO3)に化学変化しますが、こちらは水酸化カリウムよりもアルカリ度が弱くなります。, 炭酸カリウムは触るとヌルヌルするので洗う必要はありますが、手で触った程度で皮膚に影響が出るほどのものではないのでそんなに心配いりません。, こちらは水酸化カリウムほど強い影響はありませんが、目に入ると傷がつく危険もあるため、もし目に入ったら大量の水で洗い流す処理が必要です。, アルカリ電池が液漏れしたときに出る水酸化カリウムですが、潮解性という性質があります。, 白い粉=炭酸カリウムは水酸化カリウムほど強くはないですがアルカリ性で触るとヌルヌルするので洗い流してください。, 炭酸カリウムによるヌルヌルもそれ同じなので目にさえ入らなければそこまで神経質にビビる必要はありません。, しかし電解液でくっついてたり、電池が膨張してたりすると簡単に取れないかもしれません。, そのため、電池が外れにくい場合は必ず保護メガネを使って目を保護した状態で作業しましょう。, 過放電(機器を作動させることができる最低電圧以下の状態で放電すること)により、ガスが発生し、液漏れの原因になる。, 電池容量の少ない方の電池が過放電になり、残量のある電池のみが強制的に放電されることになる。, メーカーによって電池の性能が違うため、過放電により片方の電池がもう片方の電池を充電するような形になり、ガスが発生して液漏れの原因になる。, 電池を逆向きに入れると通常は電気が流れませんが、他の電池があるとその電池から逆向きに入れた電池に電気が充電されるような状態になります。, 普通のアルカリ電池には充電する機能はないので内部にガスが発生して電池が膨張し、液漏れが発生することがあります。, 頻度はまれだけど消耗した電池は電流を流さなくても電池内のガスが漏れることがあり、それにより液漏れが発生することがある。, どんな電池でも液漏れが起こることはあり、特にアルカリ電池は液漏れしやすいので注意しましょう。, 電池はあまり使ってなくても少しずつ放電するので長期間放置するとどんな電池も液漏れが起こりえます。, 特に電極面の面積が大きいボタン電池は絶縁せずに放置するとすぐに液漏れしてしまいます。, 使用推奨期限内で、警告・注意事項を遵守いただいて液もれした場合、電池交換、または機器を修理・交換いたします。, どんな電池も液漏れはしますが、液漏れ補償がついてるということは液漏れ対策をバッチリやってるということなので他社製品と比較して液漏れしにくいです。, また私もやっちゃってましたが、消耗度の違う電池やメーカーの違う電池を一緒に使うと液漏れの原因になるので気を付けましょうね。. 乾電池のサポートページです。 よくあるご質問や取扱説明書などのサポート情報をご覧いただけます。 商品の使い方やご購入について、 電話やメールでご相談いただけます。 アルカリ乾電池とマンガン乾電池を使い分けていますか?リモコンにアルカリ乾電池を使用すると、液漏れが原因で最悪の事体を迎えるかも!液漏れする原因は?アルカリとマンガン乾電池を正しく使 … B ※6 従来品比(単1形:LR20EJ、単2形:LR14EJ、単3形:LR6EJ、単4形:LR03EJ 使用推奨期限2025年3月以前品)。, 2008年から「エボルタくん」「エボルタNEOくん」が日本だけでなく世界各地で行ってきたさまざまなチャレンジを紹介!, 乾電池からライトやバッテリー・ラジオまで、もしもの時に頼りになる電池防災グッズをご紹介。, マイナス極端子とプラス極端子に「タフコート」を採用。長期使用における接触抵抗の上昇を半減, 逆接防止デザインを採用。より安全性に配慮した「ユニバーサルデザイン」。(単1形~単4形). <エボルタ(EVOLTA)3つのおすすめポイント> [1]単3形アルカリ乾電池で世界No.1※長もち ※ANCI、IEC、JIS規準における全放電モードの平均値より(2010年12月1日現在) … Copyright (C) 2020 やべどうネット All Rights Reserved. ④封口の部分を簡素化(ワッシャーの排除), スムーズな放電反応と保存性能アップを実現するチタン化合物を単1形~単4形で採用。パナソニック独自のチタン技術により単3形・単4形でチタン化合物の増量に成功。さらなる保存性能アップを実現しました。(使用推奨期限2024年4月以降品)(9V角形除く), 乾電池エボルタ単3形(LR6EJ)の場合 ※4 単1形~単4形のみ。使用推奨期限(JIS準拠)において 保存条件 温度:20℃±2℃ 相対湿度:55%±20% ※3 乾電池を誤使用された場合は、液もれする場合があります。 EVOLTA(エボルタ)は、パナソニック(パナソニック エナジー社)が発売しているアルカリ乾電池と充電式ニッケル水素電池の上位製品に付けられているブランド名である。, 2008年4月26日にアルカリ乾電池「EVOLTA」が発売され、同年10月1日に充電式ニッケル水素電池「充電式EVOLTA」が発売された。2010年4月20日にエントリーモデルの「充電式EVOLTA e」が発売された。2017年1月、持続時間・保存性・液漏れ防止に優れた「EVOLTA NEO(エボルタネオ)」を発売した[1][2]。, 「EVOLTA」の名は、「進化」を意味する「EVOLUTION」と、「電圧/みちあふれようとする力」を意味する 「VOLTAGE」から命名された[3]。, 2008年4月26日に、事実上のオキシライド乾電池の後継製品として発売されたアルカリ乾電池である[注 1]。正極に二酸化マンガンMnO2・黒鉛Cと新開発のオキシ水酸化チタンを、負極に亜鉛Znを使用している。, 電池の外装缶には新開発の「超薄型差厚缶」を使用し封口部の強度を上げ、またガスケットの構造と材料を改良し、強度を保ちつつ外装缶自体の体積を減らした。それにより発電に必要な材料の内容量を増やし、正・負極の材料も改良、材料を従来品と比べて高密度に充填することにより、発電の反応効率を上げることに成功している[3]。, これらの改良により、世界No.1の長持ち性能[4] と業界最長[注 2] の使用推奨期限10年を実現した[3][注 3]。また、「世界一長持ちする単3形アルカリ乾電池」としてギネス世界記録に認定されている。, パナソニックは公式サイトで通常のアルカリ乾電池と区別したり、EVOLTA専用の公式サイトも用意するなど、通常のアルカリ乾電池との差別化を図っている。ただし、分類上はアルカリ電池である。, EVOLTAの発売により、パナソニックは国内電池市場のシェアを2008年の4割から2009年に5割に引き上げることを目標としている。アルカリ乾電池市場の世界シェアも2006年の19%から、2009年には26%に引き上げることを目標としている。, なお、上記の改良により国際規格の範囲内で乾電池の外形寸法の変更を行った。このため、電池ケースの寸法との関係で電池が入りにくい場合や、電池のプラス極側が機器のプラス端子に届かないために機器が作動しない場合があるとして、パナソニックでは注意を呼びかけている[5]。, EVOLTA登場による、ユーザーサイドでの変わった歓迎例としてはミニ四駆用ハイパワー電池としての使用例[注 4] があったが、2011年2月現在はルール改定のため当てはまらなくなった[注 5]。, オキシライド乾電池は初期電圧が1.7Vと、アルカリ乾電池より高く、それの使用を想定していない機器では電子回路や電子部品に対する負担が大きくなり、過度の発熱や寿命が短くなる等の問題を生じる恐れがあった。EVOLTAは、普通のアルカリ乾電池と同じく初期電圧は1.6Vであり、前述の問題が起こることはない。, なお、EVOLTAの発売後、しばらくはオキシライド乾電池は併売されていたが、生産は大幅に縮小され、2009年に生産と販売が終了された。EVOLTA登場後の新しい乾電池として、2011年10月に単3形・単4形のリチウム乾電池(単3形:FR6SJ、単4形:FR03SJ)が発売された[注 6]。デジタルカメラやストロボなど大電流を必要とする機器でアルカリ乾電池を上回るハイパワーと長寿命化を実現するとともに、アルカリ電池に比べて使用温度が幅広く、耐寒性もある為(-40℃~60℃)保存性にも優れている。公称電圧はアルカリ乾電池などと同じ1.5Vであるが、初期電圧は1.8Vと、オキシライド乾電池よりもさらに0.1V高いため、オキシライド乾電池と同様の注意事項がパッケージに書かれている。, 2008年10月1日に発売[6]。なお、発売当日に社名変更しているが、社名変更前に出荷した製品は松下電器産業株式会社・松下電池工業株式会社(充電器セットは松下電器産業のみ)と旧社名で記載される。電池の材料・構造・工法を融合させた新技術により、従来品の充電式ニッケル水素電池ECO(HHR-3MPS)より繰り返し回数が約1,000回→約1,200回と20%向上し、新開発の「水素吸蔵合金」やEVOLTAと同じ「超薄型差厚缶」等を採用したことで使用回数を重ねても、1回あたりの使用時間が10%長くなった。生産国は中国。また、別売りのサイズ変換スペーサーを使用することで、単3電池を単1電池や単2電池として使用できる。, 2010年4月20日に、充電池の普及拡大を目指し、パワーを低く抑えながら約1,500回繰り返し使えるエントリーモデル「充電式EVOLTA e」が発売された[7]。, 同年10月1日には「充電式EVOLTA」の第2世代モデル(HHR-3MVS/4MVS)が発売された。繰り返し回数が約1,200回→約1,600回、先に発売された充電式EVOLTA e(HHR-3LVS)よりも約1.8倍長持ち(いずれもメーカー発表値)と性能がさらに向上している。ただし、容量が第1世代「充電式EVOLTA」よりも僅かに減少している。(単3のみ。min.2000mAh→min.1950mAh), 2011年4月21日には、「充電式EVOLTA e」の第2世代モデル(HHR-3LWS/4LWS)を発売。「充電式EVOLTA」の第2世代モデルと同じく繰り返し回数を大幅アップし、約2,100回に向上。また、従来モデルでは設定されていなかった単4形が追加された。なお、外装パッケージにはオレンジボディの「エボルタ・ロボット」が描かれている。, 2011年10月21日には「充電式EVOLTA」の第3世代モデル(HHR-3MWS/4MWS)が発売された。繰り返し回数が1,600回から1,800回へと上昇し、1年後の容量残存が従来の80%から85%と改善されている。また、放電性能も上昇させているとのこと。単3の容量は今回も減少しており、公称値がeneloop等と同じmin.1900mAhとなった。これによって、売りの一つが無くなったといえる。翌月の同年11月21日にはONE PIECEとコラボレーションし、外装・電池本体を専用デザインに変更した「ワンピースバージョン」4種類(単3形・2本入り包装のみ)が追加、さらに、2012年5月には好みや色で使い分けができるレインボーカラーを追加した。, 三洋電機がパナソニック傘下となったことに伴い、同社が販売していた「eneloop」と競合する形となったため、三洋電機の製品が順次パナソニックブランドに変更されてからも、唯一SANYOブランドのまま販売が継続される形になっていたが、2013年4月26日にeneloopと共にモデルチェンジした[8]。「充電式EVOLTA」は第4世代モデル(BK-3MLE/4MLE)、「充電式EVOLTA e」は第3世代モデル(BK-3LLB/4LLB)となる。「充電式EVOLTA」は「eneloop」との特長をより明確にするため、正極材料の組成最適化によって材料の利用率を向上させたことにより、繰り返し使用回数はそのままで定格容量を単3形はmin.50mAh、単4形はmin.30mAhそれぞれアップ(単3形:min.1950mAh、単4形:min.780mAh)。「充電式EVOLTA e」は繰り返し使用回数が約4,000回に大幅向上した。併せて、従来からの「充電式EVOLTA」にあたる「スタンダードモデル」に加え、単3形で定格容量min.2500mAhを実現した大容量タイプ「充電式 EVOLTA ハイエンドモデル(BK-3HLC/4HLC)」を新設し3タイプとなった。なおハイエンドモデルのみ日本国内で生産されている。また、充電器セット品のに同梱される充電器は電池に合わせた充電制御により、三洋電機時代に発売されていた世代品を含むすべての「eneloop」と兼用で使用できるようになった。, 2015年10月には「充電式EVOLTA ハイエンドモデル」が初めてモデルチェンジし、第2世代へ移行(BK-3HLD/4HLD)。定格容量を単3形はmin.50mAh、単4形はmin.20mAhそれぞれアップ(単3形:min.2550mAh、第4形:min.950mAh)した。, 2018年9月に「充電式EVOLTA スタンダードモデル」のリニューアルと同時に、「充電式EVOLTA ハイエンドモデル」が「eneloop」のハイエンドモデルである「eneloop pro」に統合される形で廃止され、既存のお手軽モデル「充電式EVOLTA e」との2種類に整理された(反対にeneloop側はお手軽モデル「eneloop lite」が「充電式EVOLTA e」に統合され廃止)。, 電池のデザインはオキシライド乾電池に採用された「グローバルデザイン」をほぼ踏襲しているが、若干変更部分がある。EVOLTAの配色は金と青であり、外見はオキシライド乾電池と類似しているが、充電式EVOLTA(第4世代はスタンダードモデル)は白地に緑のグラデーションライン、充電式EVOLTA eは白地にオレンジのライン、充電式EVOLTA(ハイエンドモデル)は白地に黒のラインを配しており、従来の充電式ニッケル水素電池の配色とは異なる。, EVOLTAの電池の包装にはパナソニックの他の乾電池と同様に「見わけるパック」を採用した。従来と同様、正極部分を「NEW」の文字が覆う形でラッピングされていて、1本ずつちぎれるという仕様になっている。これにより、電池を使用する際に包装を破った電池と、そうでない電池を一目で区別できる。, また、発売当初、ぶら下げ型パッケージ(充電式EVOLTAの電池単品を含む)には、乾電池製品の「見分けるパック」以外の部分のすべてに紙素材を採用していた(包装のほとんどを紙素材としている為、プラスチックシートを熱形成したブリスターパックとは厳密には異なる。パナソニック製品情報のページには「ブリスター包装」と記載されている)。2009年秋にパッケージ変更を行い、他のパナソニック製アルカリ乾電池やニッケル水素電池のぶら下げ型パッケージ(カバー部にプラスチックを使用)と同一の包装に変更された。, 充電式エボルタの第1世代では、負極側の被覆に表面加工の違うエリアがあった(単3・単4共)。電池を複数セット持っている時に、混用や未使用(充電済)と使用済を避ける目的でマークをつける目的で設けられていたが、第2世代以降やエボルタeではこのエリアは削除されている。, 普及モデルのアルカリ乾電池(通称「金パナ」)も、使用推奨期限が2030年4月以降(2020年4月以降製造)の製品は「EVOLTA NEO」と同一の外装デザイン&ブリスター包装へとリニューアルされている(+極の周囲に「+」マークを描いて極性をわかりやすくし、入れ間違いによる液漏れを防止する工夫が施された5代目デザイン。使用推奨期限が2030年3月以前の4代目旧デザイン製品は在庫品限りで販売終了となり、今後生産・出荷される金パナは順次5代目新デザインへ移行)。, EVOLTAを改良し持続性・保存性・液もれ防止性を向上させた上位モデル[1]。2020年東京五輪ロゴが描かれたモデルも限定販売(単3・単4形のみ)。+極の周囲に「+」マークを描き・かつ+極と-極とで異なる色を描くことで極性が一目でわかるようにし、入れ間違いによる液漏れを未然に防ぐ工夫が施されている。使用推奨期限は特記がないものについては製造日より10年。, 「充電式EVOLTA スタンダードモデル」は同時期にリニューアルされた「eneloop」・「eneloop pro」の電池単品と同じ仕様の電池ケースが新たに同梱された。, EVOLTAの性能をアピールするためのキャンペーンを、2008年より毎年行っている。キャンペーンの模様は後日CMにまとめられて放送される。, ロボットクリエイターの高橋智隆により作られた長持ち実証ロボット「エボルタ」を使用したキャンペーン。, 『フィヨルド1,000m登頂チャレンジ』より登場の、エボルタくんの弟となる長もち実証ロボット。, 2008年5月20日 - 24日に2本のみの単3乾電池エネルギーによるグランドキャニオン断崖をロープで登る登頂に挑戦し、6回目の挑戦で高さ530.4mを所要時間6時間46分31秒で登頂に成功している。, 2009年8月5日10時 - 6日11時15分に、フランスのル・マンサーキット「ブガッティ・サーキット」で単3乾電池2本のみの動力による24時間耐久走行に成功。「乾電池を動力にし、遠隔操作された車両型ロボットの最長走行距離(The longest distance covered by a battery-operatedremote-controlledmodel car)」として、ギネス世界記録に認定されている。マシンは予備も含め2機用意され、DCモーター2基に赤外線追尾方式による自立走行となっている。, 東京・日本橋から京都・三条大橋までの旧東海道の約500kmの公道を大八車牽引型エボルタが走りきるといったチャレンジ。走行は日中のみで、充電式エボルタ(計12本)の充電は1日1回とし、1日一次以上の走行がルールとなっている。エボルタを誘導するのは、長女・リカ、次女・ミサ、三女・アヅサ、四女・VITA(ビータ)の4人の仮面姉妹「エボルタシスターズ」(正体未公開)。2010年9月23日8時に日本橋出発、同年11月22日15時33分に三条大橋到着。翌23日20時頃に、「五十四次目」と称しTHE イナズマ戦隊のライブに出演。エボルタシスターズは素顔を公開し、Ustreamでの最終中継を終えた。, 2010年10月6日の「小田原〜箱根宿チャレンジ」ではゴール前3kmでマシントラブルにより中止。ルールにより翌日は中断場所から再開となったが、プロジェクトの目標の一つとして1日で箱根の坂をクリアさせたいという思いがあり、通常のチャレンジとは別に2010年10月12日に「箱根リベンジ」として再挑戦を成功させている[9]。, ハワイ島でスイム3.8 km・バイク180.2 km・ラン42.2kmの総距離約230kmに及ぶアイアンマン®トライアスロンコースにチャレンジ。動力源は充電式エボルタ3本(交換禁止)で、3種類のロボットを使い1週間(168時間)以内でのゴールを目差した。リポーターはケーシー・カミングス。エボルタロボットはスイム機は新開発、バイク機はル・マン時の改良型、ラン機は東海道時の改良型。, 2011年10月23日12時にカイルア湾よりスタートし、10月29日のチャレンジ7日目に166時間56分で完走した。, 2012年12月23日12時から2013年1月6日12時までの14日間、ポスター型エボルタでノンストップでバーベル挙げにチャレンジ。使用電池は単1形6本を取替えなし、持ち上げ重量は約1.4kgで腕部分が上下に可動、止まった時点でチャレンジ終了となる。チャレンジの模様はUSTREAMで中継され、バーベル挙げ回数を予想するキャンペーンも行われた。チャレンジは成功し、14日間で142,460回持ち上げている。, 2013年12月14日、閉校を直前に迎えた東京都北区立滝野川第七小学校でプラレールを使いギネス記録に挑むチャレンジ。単3形1本で秋田新幹線E6系スーパーこまちのプラレールが全長5.60844 km(レール26,667本)を走破し「Longest plastic train track」ギネス世界記録を達成した。全校児童41名が参加。応援企画として応援プラレール募集も行われ、使用されたレールは東北地方の団体や幼児・児童施設等に寄贈された。, 2014年4月にはこの模様を放送したCMが第43回フジサンケイグループ広告大賞グランプリを獲得している[10]。, 2014年11月2日、秋田県の小坂製錬小坂線(2009年廃止)の廃線跡を特製の乾電池列車で走ろうというチャレンジ。特殊強化ダンボール等を使用したオリジナル電車を製作し、廃線となった線路も地域住民も参加し整備が行われ実施された。単1形99本を動力源とした総重量約1トン(定員10名)の列車を使用し、雪沢温泉駅から御成町踏切手前までの走行距離約8.5kmを無事完走した。, 2015年11月3日、由利高原鉄道鳥海山ろく線の前郷 - 矢島間の往復22.615kmの距離を特製の乾電池列車で走破してギネス記録に挑むというチャレンジ。埼玉県立川越工業高等学校電気科の「電車班」の生徒達が車体と走行装置を製作し、デザイン科の生徒達が同線を走行するYR-1500形を元にした車両デザインをベニヤ板で製作して、校内でオリジナル電車を合同で製作した。その後、同線に陸送され夜間の試験走行と最終調整を行い、11月3日の走行イベント開催時では、同線の午後の2往復の列車を全線運休としてバス代行運転を実施した上で、前郷 - 矢島間で走行が実施され、12時30分に前郷駅を出発して終点の矢島駅で折り返した後、矢島駅を出発して前郷駅に到着して無事完走した。, 2015年11月3日に“Longest distance traveled by a vehicle on a railway track powered by dry cell batteries”として認定。, 2016年11月6日[注 7] に、びわ湖の彦根港から琵琶湖大橋まで最大34kmの湖上で、離陸から着水まで飛行経路総距離[注 8], チャレンジは『東海大学チャレンジセンター ライトパワープロジェクト 人力飛行機チーム TUMPA』によるもので設計から製作、塗装、フライトまでを手掛けた。6時37分12秒に最も難しいとされる離陸に成功した。しかし、飛行から6分が経過した後に主翼が突風などの影響で変形して失速し、6時43分26秒に飛行距離3,531mで途中着水となり記録達成にはならなかった。パイロットを務めた学生は胸骨骨折の怪我を負っている[12]。『今回のチャレンジは終了だが、何らかの形で再チャレンジしたい』としていて、現地で立ち会ったギネス公式認定員も『諦めずに再チャレンジしてほしい』とコメントした[13]。, 2017年7月7、8日にノルウェーリーセフィヨルド シェーラグ山で、エボルタNEOくんが乾電池エボルタNEO単三形2本を動力源に地上約1,000mのロープ登頂をチャレンジした。テストは2017年6月20日に大分県九重"夢"大吊橋で行われた。ライブ中継を実施するため追跡撮影システムやドローンも随伴する。1日目はゴール残り僅かの所でストップし失敗、翌日の2日目の再チャレンジで登頂に成功する。, 2018年11月10日に広島県宮島口から嚴島神社大鳥居までの約2.5kmを泳ぐ世界最長遠泳チャレンジ。1度目はトラブルがあったが、再チャレンジで無事ゴール、最終結果は距離3.002km、所要時間3時間22分34秒となり、「乾電池を動力にしたロボットが泳いだ世界最長距離」としてのギネス世界記録に認定された。[14], メインのチャレンジに先立ち、2018年9月25日から11月8日まで大阪府守口市の乾電池工場から広島県宮島口まで約400kmを旅するチャレンジが行われた。, 2019年8月7日にお台場海浜公園周辺地域で、単3形乾電池エボルタNEO2本のみでトライアスロン競技のスイム(距離150m)・バイク(総距離4km)・ラン(総距離1km)の総距離5.15kmを1時間45分01秒以内で完走する挑戦。結果は1時間26分40秒で完走した。, 充電式EVOLTA 第4世代品/充電式EVOLTA ハイエンドモデル 第1世代品/充電式EVOLTA e 第3世代品(MLE/HLC/LLB品番), 2012年には、パナソニックアルカリ乾電池も改良を施し、単5形及び9V角形を除き(従来通り2年)、EVOLTAと同じ使用推奨期限10年を実現している。, EVOLTAがアルカリ乾電池であることと当時のニッケル水素が使用不可というルールが理由。, EVOLTA発売当時のミニ四駆公認競技会規則では使用できる電池がマンガン電池・アルカリ電池・ニッケルカドミウム電池のみとされており、それが適用される競技では, 2009年3月1日現在、アルカリ単3乾電池でのANSI・IEC・JIS基準における全放電モードの平均値より(パッケージ包装に記載), 中国新聞 2018年11月11日付 37面「乾電池ロボ宮島へ遠泳 3キロギネス認定」, http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/01/jn170130-2/jn170130-2.html, https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1041511.html, http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn080115-1/jn080115-1.html, https://news.panasonic.com/jp/press/data/jn080828-1/jn080828-1.html, http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn100122-1/jn100122-1.html, https://news.panasonic.com/jp/press/data/2013/02/jn130228-2/jn130228-2.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=EVOLTA&oldid=79184171, シュリンク包装 - LR20EJ/2SE(2本入)、LR20EJ/4SW(4本入)、LR20EJ/6SW(6本入), シュリンク包装 - LR14EJ/2SE(2本入)、LR14EJ/4SW(4本入)、LR14EJ/6SW(6本入), ブリスター包装 - LR6EJ/2B(2本入)、LR6EJ/2BN(2本入)、LR6EJ/4B(4本入), シュリンク包装 - LR6EJ/2S(2本入)、LR6EJ/4SE(4本入)、LR6EJ/8SW(8本入)、LR6EJ/12SW(12本入)、LR6EJ/20SW(20本入), ブリスター包装 - LR03EJ/2B(2本入)、LR03EJ/2BN(2本入)、LR03EJ/4B(4本入), シュリンク包装 - LR03EJ/2S(2本入)、LR03EJ/4SE(4本入)、LR03EJ/8SW(8本入)、LR03EJ/12SW(12本入)、LR03EJ/20SW(20本入), ブリスター包装 - 6LR61EJ/1B(1個入)、6LR61EJ/2B(2個入), シュリンク包装 - LR20NJ/2SE(2本入)、LR20NJ/4SW(4本入)、LR20NJ/6SW(6本入), シュリンク包装 - LR14NJ/2SE(2本入)、LR14NJ/4SW(4本入)、LR14NJ/6SW(6本入), シュリンク包装 - LR6NJ/2S(2本入)、LR6NJ/4SE(4本入)、LR6NJ/8SW(8本入)、LR6NJ/12SW(12本入)、LR6NJ/20SW(20本入)、LR6NJ/30SH(30本入), シュリンク包装 - LR03NJ/2S(2本入)、LR03NJ/4SE(4本入)、LR03NJ/8SW(8本入)、LR03NJ/12SW(12本入)、LR03NJ/20SW(20本入), BK-3MLE/2BC(2本入)、3MLE/4BC(4本入) - 2018年9月発売, BK-3MLE/2B(2本入)、3MLE/4B(4本入)、3MLE/8B(8本入) - 在庫僅少。8本入はリニューアルに伴い廃止された。, BK-4MLE/2BC(2本入)、4MLE/4BC(4本入) - 2018年9月発売, BK-4MLE/2B(2本入)、4MLE/4B(4本入)、4MLE/8B(8本入) - 在庫僅少。8本入はリニューアルに伴い廃止された。, 単3形充電式エボルタ4本付USB出力付急速充電器セット (K-KJ57MLE40), 充電式EVOLTA 単3形 - HHR-3MRS/2B(2本入)、3MRS/4B(4本入)、3MRS/8B(8本入), 充電式EVOLTA 単4形 - HHR-4MRS/2B(2本入)、4MRS/4B(4本入)、4MRS/6B(6本入), K-KJQ24M32R(単3形2本付)、KJQ24M34R(単3形4本付)、KJQ24M42R(単4形2本付) - 最大2本まで充電できる急速充電器(BQ-324)とのセット品。, K-KJQ21M32R(単3形2本付)、KJQ21M42R(単4形2本付) - 最大2本まで充電できるスタイリッシュタイプの急速充電器(BQ-321)とのセット品。, K-KJQ96M32R - 単3形充電式エボルタ2本と2way電源(AC/DC)対応の急速充電器(BQ-396)のセット。, K-KJQ91M34R - 単3形充電式エボルタ4本と電池診断機能付急速充電器(BQ-391)のセット。, K-KJQ02M40W - 単3型充電式エボルタ4本と海外電圧対応充電器(BQ-CC02)のセット。, K-KJQ21S22A - 充電式エボルタ(単3形2本・単4形2本)、急速充電器(BQ-321)、サイズ変換スペーサー(単1サイズ2個・単2サイズ2個)をワンパッケージにしたスターターセット。, K-KJQ02S22B - 充電式エボルタ(単3型4本・単4型2本)、海外電圧対応充電器(BQ-CC02)、サイズ変換スペーサー(単1サイズ2個・単2サイズ2個)をワンパッケージにしたファミリーセット。, 充電式EVOLTA 単3形 - HHR-3MVS/2B(2本入)、3MVS/4B(4本入)、3MVS/8B(8本入), 充電式EVOLTA 単4形 - HHR-4MVS/2B(2本入)、4MVS/4B(4本入)、4MVS/6B(6本入), 充電式EVOLTA e 単3形 - HHR-3LVS/2B(2本入)、3LVS/4B(4本入), K-KJQ08M40V(単3形4本付)、KJQ08M04V(単4形4本付) - 最大4本まで充電できる電池クイック診断機能付・海外電圧対応急速充電器(BQ-CC08)のセット。, K-KJQ24M20V(単3形2本付)、KJQ24M40V(単3形4本付)、KJQ24M02V(単4形2本付) - 最大2本まで充電できる急速充電器 (BQ-324) とのセット品。, K-KJQ02M40V - 単3形充電式EVOLTA4本と海外電圧対応充電器(BQ-CC02)のセット。, K-KJQ02S42V - 充電式EVOLTA(単3形4本・単4形2本)、海外電圧対応充電器(BQ-CC02)、サイズ変換スペーサー(単1サイズ2個・単2サイズ2個)をワンパッケージにしたファミリーセット。, BK-KJQ05L20(単3形2本付) - 単3形充電式EVOLTA e2本と海外電圧対応コンパクト充電器(BQ-CC05)のセット。, 充電式EVOLTA 単3形 - HHR-3MWS/2B(2本入)、3MWS/4B(4本入)、3MWS/8B(8本入)、3MKS/8B(8本入、レインボーカラーバージョン), 充電式EVOLTA 単4形 - HHR-4MWS/2B(2本入り)、4MWS/4B(4本入り)、4MWS/6B(6本入り)、4MKS/6B(6本入り、レインボーカラーバージョン), 充電式EVOLTA e 単3形 - HHR-3LWS/2B(2本入り)、3LWS/4B(4本入り), 充電式EVOLTA e 単4形 - HHR-4LWS/2B(2本入り)、4LWS/4B(4本入り), K-KJQ08M40K(単3形4本付)、KJQ08M04K(単4形4本付) - 最大4本まで充電可能な電池クイック診断機能付・海外電圧対応急速充電器(BQ-CC08)のセット(レインボーカラーバージョン)。, K-KJQ12M20W(単3形2本付)、KJQ12M02W(単4形2本付) - 最大2本まで充電可能な電池クイック診断機能付急速充電器(BQ-CC12)のセット。, K-KJQ08M40W(単3形4本付)、KJQ08M04W(単4形4本付) - 最大4本まで充電可能な電池クイック診断機能付・海外電圧対応急速充電器(BQ-CC08)のセット。, K-KJQ20M20W - 単3形充電式EVOLTA2本と海外電圧対応エボルタ君充電器のセット。, K-KJQ02M40W2 - 単3形充電式EVOLTA4本と海外電圧対応充電器(BQ-CC02)のセット。, K-KJQ02S42W - 充電式EVOLTA(単3形4本・単4形2本)、海外電圧対応充電器(BQ-CC02)、サイズ変換スペーサー(単1サイズ2個・単2サイズ2個)をワンパッケージにしたファミリーセット。, BK-KJQ10L20(単3形2本付)、KJQ10L02(単4形2本付) - 充電式EVOLTA eと海外電圧対応コンパクト充電器(BQ-CC10)とのセット。, 充電式EVOLTA スタンダードモデル 単3形 - BK-3MLE/12B(12本入)、3MLE/8HC(8本入・保管ケース付), 充電式EVOLTA スタンダードモデル 単4形 - BK-4MLE/8HC(8本入・保管ケース付), 充電式EVOLTA ハイエンドモデル 単3形 - BK-3HLC/2B(2本入)、3HLC/4B(4本入), 充電式EVOLTA ハイエンドモデル 単4形 - BK-4HLC/2B(2本入)、4HLC/4B(4本入), K-KJ11MLE40 - 充電式EVOLTA スタンダードモデル単3形4本と最大4本まで充電可能で、, K-KJ21MLE40(単3形4本付)、KJ21MLE04(単4形4本付) - 充電式EVOLTA スタンダードモデルと最大4本まで充電可能で、スマートチャージ機能、クイック自動診断機能、独立充電LED表示を搭載した海外対応急速充電器(BQ-CC21)をセットした製品。, K-KJ22MLE40 - 充電式EVOLTA スタンダードモデル単3形4本と最大4本(単3形の場合、単4形は最大2本)まで充電可能で、スマートチャージ機能と充電LED表示を搭載した海外対応充電器(BQ-CC22)をセットした製品。なお、BQ-CC22は電池・充電器セット品のみの設定であった。, K-KJ22MLE42S - K-KJ22MLE40のセット内容に、単4形充電式EVOLTA スタンダードモデル2本、単3形充電式電池用 サイズ変換スペーサー(単1サイズ(BQ-BS1)、単2サイズ(BQ-BS2)各2個)を追加したファミリーセット。, K-KJ21HLC40 - 充電式EVOLTA ハイエンドモデル単3形4本と最大4本まで充電可能で、スマートチャージ機能、クイック自動診断機能、独立充電LED表示を搭載した海外対応急速充電器(BQ-CC21)をセットした製品。充電器はハイエンドモデルの電池・充電器セット品限定カラーのブラックとなる。, K-KJ24LLB20(単3形2本付)、KJ24LLB02(単4形2本付) - 充電式EVOLTA eと最大2本まで充電可能で、保護タイマーの動作状態を表示する充電LED表示を搭載した充電器(BQ-CC24)をセットした製品。なお、BQ-CC24は電池・充電器セット品のみの設定であった。, トライアスロン挑戦時(スイム) - 全長51cm(高さ26.5 cm×幅10cm), 重さ - 291g / 長さ - 22cm / 高さ - 20cm / 幅 - 12cm, 重さ - 440g / 長さ - 25cm / 高さ - 22cm / 幅 - 10cm, 幅160cm / 高さ220cm / 長さ410cm / 本体重量約400kg / 1両編成, 幅150cm / 高さ290cm / 長さ410cm / 本体重量約1100kg / 1両編成.