その次に右上をタップします。   インスタグラムの質問スタンプとは、インスタグラムのストーリーズで利用できる「質問スタンプ機能」です。ユーザーがフォロワーから質問を募集したり、ユーザーが出した質問に対する回答を募ったりできる機能で、回答者はスタンプを使って自由にテキストを入力できます。, 従来のインスタグラムでは、アンケートスタンプ機能が搭載されていたものの「はい」「いいえ」の回答しかできず、自由回答を得るにはインスタグラムに連動している質問アプリ「質問箱」や「Sarahah(サラハ)」が必要でした。, インスタグラムに「質問スタンプ」が追加されたことで、「質問箱」のような質問アプリをダウンロードせずとも、自由に質問機能を利用できます。, インスタグラムのストーリーズで使える「質問スタンプ」の使い方を次の項目にわけて説明します。, インスタグラムの質問スタンプにはユーザーから質問を募集する・質問への回答を投票してもらう場合と、質問スタンプの付いたストーリーズに回答する場合の2パターンがあります。, インスタグラムでユーザーから質問を募集する・質問への回答を投票してもらうには、ストーリーズに質問スタンプ付きの投稿をします。質問スタンプを設置する手順は次のとおりです。, インスタグラムを起動してストーリーズ投稿したい写真を撮影、もしくは選択し、投稿画面下の「通常」を「作成」に合わせる。, 質問スタンプが表示されたら「質問はありますか?」の部分をタップし、フォロワーへの質問をテキスト入力します。逆に、フォロワーから自分への質問を募集する使い方も可能です。その場合はテキストに「質問を受け付けます」と入力するといいでしょう。, 質問スタンプの調整が完了したら画面右下の「送信先>」をタップしてシェアする先を選択して「シェア」ボタンをタップしましょう。, 質問スタンプのついたストーリーズ投稿を発見し、回答する場合は質問スタンプの「テキストを入力」をタップしましょう。, 質問スタンプに回答テキストを入力し「送信」をタップすれば、返信完了です。質問への回答があった場合は投稿したユーザー宛に通知がされ、どのような返信があったのかも表示されます。, しかし、質問への回答があっても、元のストーリーにその内容が反映されることはありません。投稿者が質問への回答をシェアしたり、回答にレスポンスしたりするには、フォロワーからの回答を別のストーリーに取り込んで投稿する必要があります。, インスタグラムの質問スタンプで集めた回答や質問に対する返信のやり方には次の2通りあります。, 質問スタンプで集まった回答や質問に個別でメッセージを投稿する手順は次のとおりです。, インスタグラムの質問スタンプ機能はフォロワーからの回答があると、だれからどのような回答があったのか通知されます。, 回答のあったストーリーズ投稿を開き、画面を上にスワイプすると、その内容が表示されます。, 回答のスタンプをタップして表示されたメニューから「Share Response(返答をシェア)」をタップします。この「Share Response(返答をシェア)」が、フォロワーからの回答を別ストーリーズ投稿に埋め込みできるオプション機能です。, 返答をシェアをタップするとストーリーズの投稿画面が起動します。通常と同じように、写真を撮影する、もしくは選択します。質問の回答に対するレスポンスなので、元の投稿と同じ写真を利用するといいでしょう。, 回答が取り込まれたストーリーになるため、さらにテキストやスタンプなどの編集手法を用いたレスポンスが可能です。編集が終了したら「完了」をタップして確定させ「ストーリーズ」をタップして投稿します。, 質問スタンプに対する回答内容には、Share Responseされた投稿もリンクする形で表示されます。, インスタグラムには質問スタンプで集まった複数の質問や回答に対して一斉に返信する機能は実装されていませんが、スクリーンショットを利用した裏技を仕様すれば一括返信できます。, 複数あった回答のうち、どれかひとつを選んで「Share Response(返答をシェア)」をタップし、通常の返信と同様、写真を選んで回答スタンプの位置を調整します。完了したら「保存」をタップして画像として保存します。, スクリーンショットして画像保存したら「×」をタップして編集を「破棄(Discard)」します。, 別の回答から「Share Response(返答をシェア)」をタップし、背景に先ほど保存した画像を選択します。これを回答の数だけ繰り返します。, つまり、スクリーンショットを繰り返し利用しながら一斉返信しなければなりません。標準機能として一斉返信できる機能の搭載が待たれます。, インスタグラムの質問スタンプ機能を使用するうえで気になることは、回答を行った場合、だれが回答したか第三者にわかってしまうのではないか?という点が挙げられるでしょう。, 投稿者が質問に対するレスポンスを投稿すれば、質問内容はもちろん、その回答とレスポンスもストーリーに投稿されるため、第三者であってもその内容をすべて確認できます。, しかし、質問への回答を行う際にも表示されるとおり「投稿者が回答内容をシェアする場合、ユーザーネームは表示されない」されないため、第三者にはだれが回答したものかはわかりません。, ただし、質問の回答へメッセージを送るでも解説したように、投稿者自身にはだれからの回答であるかはわかるようになっています。つまり、投稿者への回答を匿名で行えないため、この点では注意が必要でしょう。, インスタグラムの質問スタンプは、リリースされてからそれほど時間の経過していない機能のため、使えないというケースも少なくないようです。その場合の対処法をいくつか紹介しておきましょう。, 質問スタンプ機能がリリースされたのが2018年6月26日ごろのため、インスタ質問が使えない場合、まずは最新版にアップデートしてみるといいでしょう。App Store / Google Play Storeなどにアクセスして最新版にします。, それでもインスタ質問が利用できない場合は、英語版に切り替える、再起動してみるなどで利用可能になることもあるようです。, インスタグラムの最新版アップデート、英語版切り替え、再起動などを試しても利用できないこともあるようです。その場合は、機能が実装されるまで待つしかないケースもあります。, インスタグラムに限らず、不具合が発生する可能性のある新たな機能は、対象ユーザーを絞って「順次」実装していく場合があるからです。, インスタグラムもクラウドサービスであるため、サーバー側の不具合などで質問スタンプが利用できなくなることもあります。, 利用できていた質問スタンプが急に機能しなくなった、などのケースでは、インスタグラム側の不具合の可能性が大きいでしょう。その場合は、インスタグラムの復旧を待つしかありません。, ストーリーズで自由な質問ができ、テキストによる自由な回答が得られるインスタグラムの質問スタンプは、これまでのアンケートを大幅に上回る自由度で、フォロワーとの結びつきを強化できる機能だといえるでしょう。, メッセージや返信の仕方も簡単であり、インスタグラムユーザーなら使いこなすのも難しくありません。一方で、「質問箱」などのサードパーティーアプリのような、完全匿名での回答機能は搭載されておらず、投稿者にはだれが回答したかがわかってしまうのが注意点です。, 本記事を参考にインスタグラムの質問スタンプの設置や答え方を覚えて、質問スタンプ機能を使いこなしましょう。, 記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。.