アジアアロワナの中に、過背金龍、紅龍、紅尾金龍、青龍、黄龍などの種があります。 価格は、数万円〜数百万円とばらつきがあり高額です。 アロワナの飼育に必要なもの ここでは、アロワナの飼育に必要な物をご紹介します。 1. > アロワナを飼育する人が最近では多くなってきましたが、その中でも紅龍アロワナはすごく人気のある種類だと言われています。色揚げや餌ヤリによって紅龍アロワナに育てることが出来るのでしょうか。餌や色揚げを狙って紅龍アロワナを育てよう - 胸鰭(ムナビレ)の色は透明や黄色ではなく赤みを帯びていて、背鰭(せびれ)尾鰭(おびれ)臀鰭(しりびれ)も、付け根まで赤い紅龍がいいですね, アロワナの水換えはどんな方法で頻度は? 水換え後は何時間餌を与えない方がよい? 浄水器の必要性は? 水換えで気になること!. 大型個体として知られるアロワナの中でも、一際美しい発色を見せるのがアジアアロワナ、通称「紅龍」です。紅龍は、アロワナ特有のゴールド色の体に背びれから尾ビレにかけて美しい赤色の発色があるのが特徴です。, また、アジアアロワナ最大の特徴である美しい赤色の発色は、水質や餌などの飼育環境によって左右される傾向があります。発色の出方には個体によってばらつきもありますが、よりはっきりと赤みを出させたい場合は水質を生息地と同様軟水のブラックウォーターに傾け、動物性タンパク質の高い餌をバランスよく与えるとよいでしょう。その他、荒い気性を持つので、飼育時は多種・同種ともに混泳を避け、1匹で飼育するのが理想的です。それらの条件を意識して適切な飼育環境で生育できれば、体長20cm~30cmを超えるあたりから非常に美しい発色を見せてくれます。中には、数年かけ成魚になってから発色を見せる個体や鱗の付け根に緑がかった発色を見せる個体、頭部がスプーンのように反り返ったスプーンヘッドと呼ばれる個体など、同じアジアアロワナでも異なる特徴を持つ個体が存在するのも、紅龍を飼育する楽しみの1つです。, 主な生息地はマレーシアやインドネシアの熱帯域に流れる河川ですが、日本で流通している個体の多くが海外もしくは日本国内で養殖されたブリード個体です。最大体長は約60cm~100cmと大ぶりで、分厚い体高と大きな鱗は他種のアロワナには劣らない堂々たる威厳を誇っています。そんな高貴な遊泳姿を見せてくれる紅龍は、日本・海外を問わず縁起のよい魚として個人はもちろん、オフィスや飲食店などでも多く飼育されています。, アジアアロワナに適した飼育環境は水温23度~30度、水質は弱酸性~中性(Ph6.5~7.5)です。水質の変化に敏感な傾向があるので、必ず購入前に飼育されていた環境に近い水質を維持しなければいけません。飼料は人工飼料から生餌まで幅広く対応させることができますが、口の形状から浮き餌を得意とするので、浮上性のあるフレークタイプの人工飼料やコオロギなどを与えるとストレスなく餌を食べさせることができます。, アロワナ界のスーパースター!赤く染まるアロワナ「紅龍」|熱帯魚・アクアリウム | 熱帯魚やアクアリウムを始めたい方、趣味としている方、熱帯魚、アクアリウム情報に興味のある方に向けた熱帯魚、アクアリウム総合マガジン. アジアアロワナは、中国では龍魚と呼ばれ、幸運の魚として、昔から大切にされてきました。, アジアでは、富豪がステイタスとしてアジアアロワナを飼うこともあり、高値での取引も珍しくありません。, 中でも紅龍は、スーパーレッドと呼ばれ、美しく発色された紅龍は、見た人を忘れられなくする程の魅力があります。, たまには真面目にアロワナを。 顎下、発色して来ました。 アルディカ6便個体。 #アロワナ #紅龍 #アルディカレッド, “THE SHlNE”さん(@arowana8864)がシェアした投稿 – 2017 7月 31 4:44午前 PDT, 販売されている紅龍の幼魚は、昔と比べると、大半が全体的に赤くなるようですが、赤の濃度や範囲はその紅龍によって異なります。, では、将来的に真っ赤になる紅龍を飼いたい場合は、お店で何を基準に紅龍の幼魚を選べば良いのでしょうか。, 胸鰭(ムナビレ)の色は透明や黄色ではなく赤みを帯びていて、背鰭(せびれ)尾鰭(おびれ)臀鰭(しりびれ)も、付け根まで赤い紅龍がいいですね。, 海老やザリガニなどの甲殻類に含まれるアスタキサンチンも、紅龍がより鮮やかな赤になります。, しかし、太陽の光を当てたりph値を下げることはアロワナの健康を害したり(火傷やphショック等)、ストレスに繋がる場合があります。, 紅白タイプの紅龍は、水槽を黒色で囲んでしまうと、せっかくの紅白が黒ずんでしまう場合があるので、気をつけてくださいね。. RSS. 運営会社 アジアアロワナは派手な色合いと、大きな魚体で熱狂的な愛好家が多い熱帯魚です。非常に美しい体色でゆったりと水槽を泳ぐ姿は時間を忘れて見入ってしまいます。今回はアジアアロワナの人気の種類とそれぞれの特徴、飼育方法を紹介します。 > ※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。予めご了承下さい。, 返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。. 赤く染まるアロワナ「紅龍」 大型個体として知られるアロワナの中でも、一際美しい発色を見せるのがアジアアロワナ、通称「紅龍」です。紅龍は、アロワナ特有のゴールド色の体に背びれから尾ビレにかけて美しい赤色の発色があるのが特徴です。 Copyright (C) 2020 アロワナ専門図鑑 All Rights Reserved. など生き餌を与えるのも良いですが、エサの管理の楽さや栄養バランスなどを考えると、人工のエサが飼育においては簡単と言えます。, 野生のアロワナは日光が当たる水面付近で生活しているため、他の熱帯魚と比べても高い温度を好むためです。, エサの食いつきが良く、病気にもかかりにくくなったりと、健康状態を保つことができるからです。, ただ、ヒーターを使わずに水温で30℃を維持するのは難しいので、夏以外はしっかりヒーターで温めてあげましょう。, これにプラスして照明を設置したり、水草などレイアウトを考えることでより美しくアロワナを鑑賞することができます。, そもそもアロワナの混泳は水槽の大きさなどからも簡単ではありませんが、不可能ではありません。, アロワナの中でもブラックアロワナは環境の変化に弱く、水質が悪化しすぎると命に関わります。, 特に幼魚のときは体が弱いため、混泳を避けるか、混泳させるとしてもある程度大きくなってからにしましょう。, しかし、混泳の数を増やすとそれだけ水槽も大型にしなければなりませんし、コストも大きく上がります。, さらに水質が悪化するスピードも上がってしまいますので、混泳させないことが無難です。, アロワナはジャンプして水槽から飛び出してしまうケースが多々あるので、水槽には蓋をしておく必要があります。, ただ、蓋をしていたとしても、その巨大な体はパワーもあるので、蓋が軽かったら簡単に弾き飛ばしてしまいます。, 松かさ病は金魚などにも見られる病気で、立鱗病とも言うように、鱗がどんどん浮き上がって立っていく病気です。, 進行すると腹部が膨張したり、食欲が減退したり、泳ぎが弱々しくなったりなど、変化が見られるので小さな変化を見落とさないようにしてあげましょう。, もし松かさ病だと思ったら、水温を33℃ぐらいまで上げて薬浴や塩浴をしてあげてください。, 松かさ病は水質の悪化が原因として発症しますので、水質管理には気を付ける必要があります。, 特にレイアウトで砂利や水草などを入れているときには、それらを定期的に洗うようにしましょう。, 体をこすりつけることで体表は傷ついてしまい、弱ったところで別の病気にもかかったりと負の連鎖が起こります。, ※合わせて読みたい:  It appears that you have disabled your Javascript. かなりしばらくぶりの更新 ️. アジアアロワナは、熱帯魚の王様と呼ばれるアクアリストの中ではとても有名で人気の魚です。その体色は赤、青、緑とバリエーションに富んでおり値段もさまざまですよ。 今回は、そんなアジアアロワナの飼育方法や適した水槽の選び方などを詳しくご紹介します。 It appears that you have disabled your Javascript. アジアアロワナの幼魚は基本的に臆病です。 自然下でも、湿地帯の水上植物が冠水したような浅く狭い場所に身を潜め、虫や小魚を捕食しているようです。 この頃の外敵は鳥や大型魚。 草が生い茂った湿地帯ならば鳥に見つかり難い、浅い水深ならば大型魚が少ない等の理由が挙げられます。 - アジアでは、富豪がステイタスとしてアジアアロワナを飼うこともあり、高値での取引も珍しくありません。中でも紅龍は、スーパーレッドと呼ばれ、美しく発色された紅龍は、見た人を忘れられなくする程の魅力があります。 水槽 ただ、健康管理のためには毎日バランスよく餌を与える方が望ましいと言われています。, 室内で育てていると太陽光にはなかなか浴びることがないので、LEDライトで、調整して紅龍アロワナに育てていくといいと言われています。. アジアアロワナは、熱帯魚の王様と呼ばれるアクアリストの中ではとても有名で人気の魚です。その体色は赤、青、緑とバリエーションに富んでおり値段もさまざまですよ。, 今回は、そんなアジアアロワナの飼育方法や適した水槽の選び方などを詳しくご紹介します。, アジアアロワナは、アロワナ目アロワナ科に属する淡水魚です。寿命は10年~15年と長寿で、個体差はありますが体長は最大90cmと大型に成長します。原産地は東南アジアで、主に湿地や沼地など流れの穏やかな川に生息しています。幼魚は昆虫を主に食べますが成魚は小さな魚を好んで食べます。アジアアロワナは鑑賞魚としての人気が高く、とくに中国(ちゅうごく)文化が根付いている地域では重要な魚とされています。, アジアアロワナの飼育はやや難しいと言われています。最大90cmまで成長するため、飼育するためには大きい水槽が必要となり導入費用が高いです。また、縄張り意識が強いため、アジアアロワナ同士や他の魚との混泳する場合はより大きな水槽で、喧嘩を行わないよう注意しながら飼育する必要があります。ただ、水質や水温を安定させることでほとんどの病気を予防できるため、大型魚の飼育をされたことのある方にはおすすめの魚です。, アジアアロワナは体色によって大きく値段が変わってきます。最も希少なレッドアジアアロワナですと比較的安い個体でも数十万円、高いものですと一匹数百万円と他の魚とは比べ物にならない値段になります。買うときは予算と相談しながら選ぶことをおすすめします。, アジアアロワナは最大90㎝まで成長しますので、水槽は120㎝以上のものを選びましょう。また、他の魚と混泳させる場合は縄張り争いなどをさせないように、さらに大きな水槽で飼育するようにしましょう。, 流木や大きめの石などのインテリアは必須ではないですが、アジアアロワナの隠れ家にもなりますので設置することをおすすめします。, ろ過装置は水槽の大きさに適した、ろ過能力の高い物を使用しましょう。ヒーターは常につけ、水温を安定させましょう。幼魚時には餌にコオロギやムカデ、成長後は金魚やアカヒレなど生き餌を与えてあげましょう。生き餌になれてきたら肉食魚用の人工飼料に切り替えても良いですよ。, アジアアロワナは弱酸性の水質を好みます。そのため、水道水を野外に一週間ほど放置しカルキ抜きとバクテリアをある程度繁殖させ水質を弱酸性にしましょう。, 水槽の水ができたら水槽に水草や石、流木などのインテリア、ろ過装置、温度調節器具を設置し水槽内の環境が安定するまで置いておきます。十分にバクテリアが繁殖し水槽内の環境が安定したら水合わせを行いアジアアロワナを水槽に移しましょう。, アジアアロワナの適温は24℃から30℃と比較的暖かくしておく必要があるため、常にヒーターを起動させ水温は27℃前後に設定しておきましょう。, 水槽に移しかえるときは環境の急激な変化を防ぐためにもらってきた袋のまま水槽に浸け温度を合わせましょう。袋から水槽に移す時もいきなり袋から水槽に移すのでなく袋に水槽の水を加えながらゆっくり移します。水質や水温を安定させることでほとんどの病気を予防できますよ。水換えなどをこまめに行い環境を安定させましょう。, アジアアロワナは幼魚と成魚では好んで食べるものが異なります。幼魚時にはムカデやコオロギなど昆虫を1日1回から2回、食べきれる量を与えてあげましょう。成魚時には水槽内に餌用金魚やアカヒレを10匹から15匹程度混泳させ、減ってきたら追加するようにしましょう。, アジアアロワナを長生きさせるのに水質を安定させることは必須です。そのため、水換えは一週間に1回水槽の3分の1程度の水を交換するようにしましょう。, アジアアロワナは、他のアロワナ同様水槽から飛び出すことが多いです。そのため、水槽には必ずフタをし飛び出すのを防止してあげましょう。アジアアロワナは最大90㎝と大型なためふたを水槽の上にただのせるだけでは外に飛び出してしまいます。フタにはパッキンのついた物を使用し、上に重しになるものを置いておくことをおすすめします。, 飼い始めの頃は、まだ環境になじめず、なかなか餌を食べてくれないかも知れません。まずは水槽の環境に慣れてもらうようにしましょう。水槽の環境になれてきたら購入したお店で使われていた餌を与えます。餌を食べてくれるようになったら少しずつ自分の与えたい餌をお店で使われていた餌に混ぜならしていきましょう。, アジアアロワナは種類によっては数百万円とかなり高価な個体もいます。そのため初めて飼育される方は数万円から始められる個体をおすすめします。しっかりお世話をすれば体色は色鮮やかになり迫力のあるサイズに成長します。手間はかかりますがそれ以上に育てがいのあるアジアアロワナ。この記事を参考にぜひ飼ってみてくださいね。, アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお捜しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度ご覧下さいませ。