僕の場合、この面が構えてすっきり見えるアイアンの形状が好きですね。 そのようなクラブは、構えやすくてターゲットに合わせやすくて、ラインも出しやすいです。 これは、5番アイアンですが、9番だとこんな感じです。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ     今回は、アイアンのヘッドの置き方です。アドレスで構えた時のアイアンヘッドの置き方のお話です。アドレスとは、ゴルフボールを打つために構えることです。アイアンを持ってボールに向かってアドレスで構えた時、どんな風にアイアンのヘッドをボールに対して置いてますか? 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。. 結論から言うと、アドレスでクラブをセットするとき、アイアンもほんの少し地面からソールが浮いているのがオススメです。 実はリーディングエッジ(クラブの刃の部分)をボールと地面の接地面近くに入れなければならない、と思っている初中級者の人がけっこう多いんですよね。 アドレスで、クラブヘッド浮いてます? 『ソールしない』とは・・・ クラブヘッドを. 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/). https://moriygolflab.com/, アイアンショットは、基本的に2打目以降の地面(芝の上)にあるボールを直接打つときに使います。, 結論から言うと、アドレスでクラブをセットするとき、アイアンもほんの少し地面からソールが浮いているのがオススメです。, 「フェアウェイからの絶好の位置からのショットをに限ってダフりのミスが出てしまい、ラフからはむしろナイスショットになる場合が多い」, 腕前はともかくゴルフが大好きです!! 地面から浮かすことなのよね。 テークバックに入る瞬間は、 必ずヘッドが地面から浮いてないと. 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 腕前はともかくゴルフが大好きです!! ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。. アイアンは地面にベッタリと着けて構えるものだと思い込んでいるのならば、先入観を取り除いた方がいいかもしれません。アイアンを浮かせて構えることには多くのメリットがあります。, ボールの後ろにアイアンのソールをベッタリと着けて構える。何となく普通の光景に思えますが、ちょっとよく考えてみて下さい。, ということは、少なくともアイアンのリーディングエッジはボールの赤道(中央のライン)と地面との間に入らないといけないわけです。下の写真のような感じですね。, ボールの後ろにアイアンのソールを着けて構えて、その位置にインパクトを戻すと「ダフリ」です(ソールをわざと滑らせる場合は別です。このテクニックについてはまた別の機会にご紹介しますね)。, アイアンのソールを着けた構えから赤道直下にリーディングエッジを入れようと思うと、上体を伸びあがらせるか手元を数ミリ浮かさなければならなくなります。, ボールの赤道下にアイアンのリーディングエッジを入れるなら、最初から数ミリ浮かせて構えたらいいんです。アイアンを浮かせて構えたら、そこにクラブを戻してくるだけなのでとてもシンプルです。, ※ダウンブローの打ち方として、体を左にスライドして「最下点をボールの先にずらす」という高等テクニックもありますが、一般アマチュアゴルファーの筋力や練習頻度などを考えると身に付けるのは現実的ではないと思います。, ソールを浮かせてボールの赤道直下にリーディングエッジを入れることに成功すると、「ギア効果」によってクラブは下に潜り込もうとするので、先のターフが取れます。これがダウンブローというやつです。, アイアンを浮かせて構えることにより、様々なメリットや上達のヒントが見えてきます。飛距離が伸びたりダフリが減ったりと、構え方ひとつを変えるだけでスコアアップのチャンスが広がります。, アイアンを少しだけ地面から浮かせて構えることにより、ヘッドの重さを感じながらテークバックを始めることができます。, ヘッドの重さを感じることで、遠心力を使うことができます。遠心力を上手く使うと、スイングの円が大きくなり飛距離が伸びます。, ラウンド中にダフリが頻発したら、ボール半分くらい浮かせて構えてみましょう。それだけで不思議とナイスショットが打ててしまいます。, 日本のゴルフ場の芝の種類はご存知でしょうか?多くのゴルフ場では、日本の気候に合わせて管理のしやすい「高麗芝」が採用されています。, 高麗芝はボールが浮きます。葉が縦にとても強いので、まるでティーアップしたような状態になることがほとんどです。これはラフに限らずフェアウェイでも同じです。, ティーアップしたボールに対して、ソールを地面にベッタリ付けて打つとどうなるでしょう。フェースの「上っ面」に当たりやすくなります。これはアイアンで本来の飛距離が出ない当たり方で、「ポッコンした」とも言われます。, 高麗芝によってティーアップされたボールをクリーンにヒットするためには、アイアンのソールを浮かせて構えるのが正解です。, ちなみにプロゴルファーでもアイアンのソールを浮かせて構える人が多いです。高麗芝でボールが浮いているのを知っているからなんですね。, ルール上バンカーではソールができませんから、アイアンを浮かせて構えなくてはいけません。, いつもアイアンを地面にベッタリと着けて構える人は、アイアンを浮かせて構えることに「違和感」があるはずです。, ところが普段からアイアンを浮かせて構える癖があれば、フェアウェイバンカーでも同じことをやるだけなので、違和感なく振ることができます。, フェアウェイではソールをベッタリ。でもフェアウェイバンカーではソールを浮かせて構えるでは、違和感ばかりでうまく打てないといっても無理はありません。, 「アイアンを浮かせて構えると、トップするんじゃないの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。, しかし安心して下さい。インパクトでは遠心力で腕が自然と伸びるので、トップにはなりません。腕が自然と伸びるように脱力して構えるのもポイントですね。, トップとはボールがほとんど上がらずにライナーのように飛んで行く弾道ですね。実はトップとダフリは「同じ原因」で起こっています。, トップとダフリは共通してスイング軌道の最下点がボールより手前にあることで起こります。ボールよりも手前で最下点を迎え、地面に運よく刺さらずに上昇途中でボールに当たるとトップです。ボールの手前で地面に刺さってしまうのがダフリです。, アイアンを浮かせる構えでは、アドレス=インパクトと考えます。最下点はボールの位置と同じになりますので、いわゆる「トップ」は起こりません。, 「カツン」というトップしたかのような音はしますが、ボールはしっかりと上がりスピンもかかります。俗にいう「ハーフトップ」という状態です。, アマチュアゴルファーは積極的にハーフトップの練習をするのが、上達の近道だと私は考えています。, 練習場のマットは、多少手前からクラブが入ってもソールが滑ってうまくボールを拾えるようになっています。芝の上で打てば、ほぼ100%ダフリです。, ダフリの練習を繰り返していても、一向に上達は見込めません。マットから数ミリ浮かせて、ハーフトップで打つ練習を繰り返すことで、アイアンのミスが極端に減り、ダウンブローの習得にもつながります。, 最初は難しいかもしれませんので、高くティーアップしたボールをアイアンでクリーンに打つ練習から始めてもいいでしょう。, ゴムティーに当たる音がしないように、リーディングエッジを赤道直下に入れる練習を繰り返しましょう。, 所属クラブでのラウンドだけでなく「1人予約」などを利用して、ゴルフライフを満喫しています♪. 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 ホーム » ゴルフ上達のコツ » アイアン上達のコツ » 無駄なミスを減らす!5番アイアンの正しいボールの位置とアドレスの取り方!, 5番アイアンは難易度の高いクラブになりますので、ゴルフボールの位置も大変重要になります。ボールの位置が少し変わるだけでミスショットしてしまいますので、ぜひとも正しい5番アイアンのボール位置は確認しておきましょう。, そこで、5番アイアンのゴルフボールの基本的な位置と、毎回同じ位置にボールをセットできるおすすめのアドレスの取り方をご紹介して行きたいと思います。, また、5番アイアンの打ち方によってもボールの位置が若干変わることがありますので、その点も併せてご紹介して行きたいと思います。, また併せて、5番アイアンのボールの位置が基本位置と大きく異なると、どのようなミスショットになってしまうのかもご紹介していきたいと思います。, ゴルフクラブが長くなるほどゴルフボールの位置も左足側にずらしていくことが基本になりますよね。, 5番アイアンは全てのゴルフクラブの中でもシャフトが比較的長いクラブになりますので、当然それだけ左足よりにボールをセットすることになります。, 目安としては、アドレスを取った際にボールが左脇の位置にくることが基本的な位置とされております。まずは、ご自分の5番アイアンのボールの位置と比較してみましょう。, その際は、ご自分で目視で確認すると錯覚で分かりづらいですので、練習場の端っこにある鏡を使用したり、ゴルフ場でお友達にアドレスの写真を取ってもらったりして確認すると良いですよ。, 5番アイアンのゴルフボールの位置が理想よりも右足寄り過ぎる場合を見ていきましょう。, ボールは右足に置けば置くほど、ダウンスイングでクラブを鋭角に振り下ろしてくることになりますよね。5番アイアンはシャフトが長いクラブになりますので、ダウンスイングが鋭角になると非常に窮屈なスイングになってしまいます。, 5番アイアンのボールの位置が右足寄り過ぎると、インパクトするまでのダウンスイングの時間がそれだけ短くなりますので、フェースが返りきらずに開いてショットしやすくなります。その結果は、もちろんスライスしてしまいますし、飛距離もロスしてしまいます。, さらに、ゴルフボールの位置を右足にするとハンドファーストが強いスイングになります。, 5番アイアンはもともとロフト角が立っているクラブになりますので、ハンドファーストを強めてロフト角をさらに立たせてしまうと、ゴルフボールが全然高く上がらずに飛距離もロスしてしまいます。, 次に、5番アイアンのゴルフボールの位置が左足すぎる場合を見て行きましょう。ボールの位置が左足すぎるときにまず想定されるミスショットはダフリショットです。, ターフを取る位置にゴルフボールをセットするわけですから、当然ダフリやすいスイングになってしまいますよね。またダフリを警戒するあまり、ダウンスイングで必要以上に重心が左足に移動してしまうこともあります。, また、ボールの位置を左足側に置くと、それだけダウンスイングでインパクトするまでの時間が長くなります。当然それだけフェースは返りやすくなりますので、左への引っ掛けやフックボールなどのミスショットにも繋がってしまいますね。, 5番アイアンのボールの位置は理解できていても、いざショットしようとアドレスを取ろうとするとなかなか同じ位置にセットできないこともありますよね。, 実際にゴルフ場でラウンドするときは、フェアウェイにアンジュレーションがありますので、さらにボールの位置を統一することが難しくなってしまいます。特にゴルフ初心者の方はこの傾向が強いのではないでしょうか。, そこで、5番アイアンのゴルフボールの位置を決めるおすすめの方法をご紹介していきたいと思います。, まずは、両足を拳一つ分程度のスタンスで構えましょう。その状態でボールの位置が左脇の前に来るように調整しましょう。そして最後に、両足を左右に開けば自然とボール位置は左脇の前にきます。, 練習場で練習するときは、ゴルフボールの位置を動かすのではなく、自分が動くように練習してみましょう。本番のラウンド中にはボールを動かすことはできませんので、ゴルフ初心者の方は特に気を付けて練習してくださいね。, 5番アイアンのゴルフボールの位置は打ち方によっても多少左右に変動します。5番アイアンの打ち方の基本はダウンブローですが、最近では払い打ちを推奨するレッスンプロもいます。, ご自分が打ちやすい方の打ち方でショットすれば問題ないかと思いますので、それぞれの打ち方でのボールの位置を確認していきましょう。, 5番アイアンの基本的なゴルフボールの位置に違和感のあるゴルファーがいらっしゃいましたら、下でご紹介するポイントを参考にして、練習場で練習される際に試しにボールの位置を少しだけずらして見てはいかがでしょうか。, アイアンの打ち方の基本はダウンブローですよね。ダウンブローのスイングは、ゴルフクラブが地面と接触する前にボールをショットすることになります。, そこで、上でご紹介した5番アイアンのゴルフボールの基本位置だと少し打ちにくいという場合は、少しだけボールの位置を右足寄りにずらしてみてはいかがでしょうか。, ただし、必要以上に右足にずらしてしまうと上でご紹介したミスショットの原因にもなってしまいますので、気を付けてくださいね。, また、5番アイアンをダウンブローで打つメリットやコツは、『5番アイアンを綺麗なダウンブローでスイングする打ち方のコツと練習方法!』でご紹介しております。興味のある方はぜひこちらもご確認してくださいね。, 5番アイアンは払い打ちでスイングする打ち方の方が易しいというスイング理論もあります。払い打ちとはスイング中のゴルフクラブの最下点でゴルフボールをショットする打ち方ですよね。, そこで、5番アイアンを払い打つ打ち方をするゴルファーは、ボールの位置を基本位置から少しだけ左側にセットしてみることも有りです。, また払い打ちでは、実際に素振りをしてみてゴルフクラブが地面に接触するところにボールをセットする方法も有効です。, 次に練習場へ行って練習される際は、5番アイアンがマットにこする位置も確認して見てくださいね。また実際のゴルフ場では、フェアウェイにアンジュレーションがあるので、スイング中の最下点は若干変動するものです。, その際は、ぜひ素振りをした時の最下点も意識して見てください。とてもおすすめの方法になりますので、ぜひ試して見てくださいね。, 特に5番アイアンはシャフトが長くロフトも立っていて難しいクラブになりますので、少しボールの位置がずれてしまっただけで思わぬミスショットに発展してしまいます。, まずは上でご紹介したゴルフボールの位置を基本に、ご自分の打ち方に応じたぴったりのボールの位置を見つけてみましょう。, また、アドレスで毎回同じ位置にボールをセットすることも大変重要です。その際はぜひ上でご紹介した方法を試して見てくださいね。.