また、「楽しみにしています。」よりも「楽しみにしております」の方が、更に丁寧な言葉です。ですので、「楽しみにしています。」の敬語表現は、「お目にかかれますことを楽しみにしております。」となります。 正しい言葉で話す重要性とは? 直接会って話す時は特に相手に失礼のない言葉選びをしたいものです。その人に会えたことを嬉しく思う気持ちを伝えるには、何と言えば良いのでしょうか。人に会った時の表現や、その他間違えやすい敬語表現をまとめてみました。 お目にかかるの意味と正しい使い方 たとえば「あなたとお目にかかるのを楽しみにしております。」は「I'm looking forward to meeting you.」と表現することができます。続いてご紹介する、「楽しみにしております」の英語の使い方例文の2つ目は、「お会いできるのを」です。 人と会う約束をした時など、よく使われる表現が「楽しみにしています」です。会話の中で、何気なく使っていることも多いと思います。親しい間柄なら、そのままでいいでしょうが、目上の人に対して「楽しみにしています」と伝えたい場合、敬語表現はどのようになるでしょうか? 「お目にかかる」は、自分がへりくだる場合の言葉多くの人が知っているように、敬語は大きく丁寧語・尊敬語・謙譲語にわけられます。「お目にかかる」は、自分やその動作、状態などをへりくだって表現する謙譲語であることを覚えておきましょう。 「心待ちにしております」は期待して待っている様子を表している言葉ですが、その意味や使い方、別の表現方法をご存知でしょうか。この記事では、「心待ちにしております」の使い方や例文、別の表現例まで詳しく解説しています。気になる方はぜひご覧になってください。 「楽しみにしております」はビジネスメールでよく使われるフレーズです。そこで今回は「楽しみにしております」について詳しくまとめました!「お会いできることを」「当日お目にかかることを」など敬語で使いたいメールの例文や、類語もご紹介していきます。