一口に小説といっても、恋愛小説やファンタジー小説、歴史小説やミステリー小説など非常に様々なジャンルがあります。また、高校生や大学生、社会人など年代ごとにおすすめの小説も異なります。そこで今回は小説の選び方と人気の小説30選をランキング形式でご紹介します。また、小説の新刊情報の調べ方も併せて紹介します。, 最近、電車に乗っていると、スマホを見ている方が多いです。スマホの中にもニュース記事や電子書籍など活字はたくさんあります。荷物にもならずとても便利ですが、何気なく行っていた本のページをめくる音や独特の紙のにおいなど、本でしか感じられないものは他のものとは代えがたいものなのではないでしょうか。, 特に小説は、好きな作家がいると、新刊が待ち遠しく文庫化されるのを聞くとすごくうれしくなりますよね。小説には、いろんなジャンルがあります。純文学はもちろん、青春小説やビジネス・経済小説、ドキュメンタリー小説やミステリー、時代小説など本当にたくさんのジャンルがあります。そして、その中から出会えた一冊にはとても愛着がわくものです。読んだ後、人生が変わるほどの影響をうけることさえあります。, 今回は、小説の選び方や、口コミの良さ、人気、ジャンルなどの観点からランキング形式でご紹介していきます。あらすじやどういった方におすすめかもあわせてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51WPzNDf8-L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2Fbe5814dd41a0380bad59472070e40377%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2Fbe5814dd41a0380bad59472070e40377%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041052068?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041052068"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4041052068.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, ランキング30位は、『青くて痛くて脆い』です。著者は『君の膵臓をたべたい』の住野よるです。今や青春小説の騎手ですね。お互い逆の意味で周囲にうまく溶け込めない男女ふたりの大学生が出会い、「モアイ」というサークルを作るのですが…。タイトルが物語の内容をほぼ物語っていると言えるかもしれません。今、学生の方、社会人の方、どちらにもおすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"住野よる"},{"key":"出版社","value":"KADOKAWA"},{"key":"小説ジャンル","value":"青春小説"}], この小説は、大学を舞台に主人公と現実じゃ痛い女子大生によるサークル活動の話です。この話の主人公は、人とある一定の距離感を保ち、それをモットーに生きている少し大人びた大学生です。そして、女子大生の方は理想を追い求める純粋さをもつが故に、周りからはとても痛いように見えるそんな大学生です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51Taux0FEoL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12831753%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12831753%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4087452069?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4087452069"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0012035648.html"}], ランキング29位は、『マスカレード・ホテル』です。木村拓哉主演で映画化もされた超話題作です。不可解な連続殺人事件解決のため、ホテルマンに化けて潜入捜査を命じられたエリート刑事・新田とおもてなしが全ての優秀なホテルウーマン・山岸。殺人事件が起こるとされるホテルには、次々と怪しい客が現れ…。読み始めたら止まらない東野圭吾・マスカレードシリーズです。, [{"key":"著者","value":"東野圭吾"},{"key":"出版社","value":"集英社"},{"key":"小説ジャンル","value":"ミステリー小説"}], 東野さんの作品は、どれもとにかく引き込まれ、いっきに読みたくなります。この作品もそうでした。なかなか犯人現れず、モヤモヤしながら読んでましたが、さすが!という感じで、最後はスッキリ!!面白かった!!, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51iVtRD-NyL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15441274%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15441274%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4434246208?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4434246208"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbooks-ogaki%2F9784434246203.html"}], ランキング28位は、『CHANGE ~エリートへの道を捨てても僕が欲しかったもの~』です。ビジネス書や自己啓発本を何冊も著し、ベストセラーを連発している本作の著者・金川顕教の自伝的小説です。多才で、すでに成功者といっても過言ではない著者が、それでもまだ目標を持ち、突き進む姿を描いています。人生に迷う若者たちへおすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"金川顕教"},{"key":"出版社","value":"サンライズパブリッシング"},{"key":"小説ジャンル","value":"自伝的小説"}], 兄、母、父、友人、彼女、師匠・・・。様々な人との関わりの中で作者が葛藤と成長する様がしっかりと見て取れた。映画化期待します(笑)本当に壮絶な人生を乗り越えての今があるということを大変素晴らしく思います。全ての関わりの中から自分の気づきを得て、人生の経験値に落とし込んでいる。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/518nez0FjcL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15380663%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15380663%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4575520977?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4575520977"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fkeibunsha%2Ftkhnrbbunko9784575520972.html"}], ランキング27位は、『我が心の底の光』です。母親が亡くなり、父親は人を殺し、5歳で親戚に引き取られ、学校ではいじめにあう主人公・峰岸晄。そんな晄に、同級生の木下怜奈だけは手を差し伸べてくれます。, 社会に出た晄は、ある計画を実行に移していく…。内容は暗く重いストーリーが淡々と進みますが、ラストにタイトルの意味が読者の疑問を解き明かします。映像化を望むも多い、おすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"貫井徳郎"},{"key":"出版社","value":"双葉社"},{"key":"小説ジャンル","value":"ミステリー小説"}], この作品は主人公の14歳、16歳、19歳、21歳、25歳、29歳と6章から構成されている。この作品は、ところどころに幼かった時の記憶が散りばめれており、ネグレクトが主人公に大きな印象を与えているように読み進めていく。ただ、これほど違和感を感じる作品はない, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/511xBnZ3pnL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F6371915%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F6371915%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4167781018?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4167781018"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbooks-ogaki%2F9784167781019.html"}], ランキング26位は、『銀漢の賦』です。幼馴染で同じ道場に通っていた二人の武士が、ある出来事で絶縁します。その二人の人生が再び交わるとき、運命は動き出し…。読後の清々しさを感じる読者が多く、ドラマ化もされた本作は、大人の友情物語です。, [{"key":"著者","value":"葉室麟"},{"key":"出版社","value":"文藝春秋社"},{"key":"小説ジャンル","value":"時代小説"}], 友とは良いものだと,しみじみと感じさせます。成長とするにつれてお互いの進む道は異なってきますが、でも、何かの時には時間を超えて尽くすことができる。漢詩が文章を引き締めています。でも、深い知識がないと、こんな漢詩は思い浮かびませんね。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51S2CvHGUrL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13783067%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13783067%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041026156?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041026156"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fniyantarose%2Fnovelj02.html"}], ランキング25位は、『言の葉の庭』です。アニメーション映画を監督の手により小説化された作品です。ある雨の朝、男子高校生と年上の女性が出会い、迷いながらも前に進んでいこうとする二人。アニメーション「言の葉の庭」ファンはもちろん、アニメを知らない方にもおすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"新海誠"},{"key":"出版社","value":"KADOKAWA/メディアファクトリー"},{"key":"小説ジャンル","value":"青春小説"}], 映画版では最後は2人はあの後どうなったのか気になる終わり方でしたが、小説版は続きがありました。また、映画版ではさらっと流されただけだった登場人物一人ひとりについてもかなり掘り下げて語られており、さらにラストはおそらくですがハッピーエンドとなっております。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51o5kOWGEKL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5166388%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5166388%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101335710?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101335710"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015696871.html"}], ランキング24位は、『再生巨流』です。ピラニアと陰口を叩かれながらも、自らの仕事を全うしてきた主人公・吉野公啓は左遷されてしまいます。社内に敵を作ってしまっていたのです。しかし、吉野は画期的な物流システムを実現させることで自らを再生させようとします。社会人ビジネスマンにはもちろん、これからビジネスマンになる方にもおすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"楡周作"},{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"小説ジャンル","value":"ビジネス・経済小説"}], この作家の小説は、まるでノンフィクションのように綿密な取材に基づいている。ビジネス小説としては一級だと思う。一方で、人間の描き方は深くて鋭い。とにかく、人の描き方が熱い。一気に読ませられた。ビジネスマンなら涙なしには読めない傑作だと思う。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51TUlu5RtgL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12218918%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12218918%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/416767209X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=416767209X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbooks-ogaki%2F9784167672096.html"}], ランキング23位は、『ツリーハウス』です。伊藤整文学賞受賞作品です。ある夏の日、祖父が亡くなったことをきっかけに、主人公・良嗣は家族のルーツを辿ることを決めます。戦中戦後を生き抜いた祖母のヤエの半生を知ったとき、読者自身に見えてくるものとは…。戦中戦後を生き抜いた人にも、戦争を知らない人にも読んでいただきたいおすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"角田光代"},{"key":"出版社","value":"文藝春秋社"},{"key":"小説ジャンル","value":"家族・戦争小説"}], 角田光代の力を再確認、親子三代の歴史を日本の歴史にそって描いている、小説の記述の様式ですが年月が交互に変わるので藤代家の家系図を書いて読んでいた。子育てより親は食うために必死だった戦前、戦中、戦後。若い人に読んでほしい。角田光代は大人の作家になった。これからも期待しています。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61bxQF2JaJL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13151601%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13151601%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041023106?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041023106"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhonyaclubbook%2F9784041023105.html"}], ランキング22位は、『握る男』です。東京・両国の鮨屋に一人の小柄な少年が雇われました。彼は握りのセンスが良く愛嬌もあり、店の人気者になるのですが、実は策略家である裏の顔を持っていて…。世渡り下手を自認する方におすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"原宏一"},{"key":"出版社","value":"KADOKAWA/角川書店"},{"key":"小説ジャンル","value":"食ビジネス小説"}], 過剰な文章表現が無く簡潔な文章で読みやすい。キャラクターもしっかりしていて感情移入しやすかった。真面目にコツコツタイプと天才タイプの葛藤が上手く表現されている様に感じました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51MHZS1dCVL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14506468%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14506468%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062935236?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4062935236"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbooks-ogaki%2F9784062935234.html"}], ランキング21位は、『阿蘭陀西鶴』です。西鶴の娘・あおいは目が不自由でしたが、家事も裁縫もきちんとこなせる娘でした。そんなあおいは父の西鶴をあまりよく思っていなかったのですが、ある日、「好色一代男」の朗読を聞いて…。読者を江戸時代にタイムスリップさせる朝井まかての織田作之助賞受賞作です。時代小説ファンにおすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"朝井まかて"},{"key":"出版社","value":"講談社"},{"key":"小説ジャンル","value":"時代小説"}], 西鶴に盲目の娘がいたというのは史実のようですが、それをよくぞここまで書き上げたと、著者の方に賛辞を送るばかりです。素直になれない、でも心の底ではしっかりと思いあっている父と子の姿に、これが事実だったらすごくすてきだなあと思いました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51ICYtAWtfL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11687637%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11687637%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4344418603?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4344418603"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhmv%2F5054349.html"}], ランキング20位は、『神の手』(上)です。若者の末期癌患者に安楽死の道を選んだ医師・白川。しかし、患者の母親に訴えられてしまいます。どう考えても白川の形勢不利であったはずが…。安楽死が是か非か?読者自身が考えさせられるテーマでもあると思います。こちらは上下巻ある長編小説です。全ての人におすすめしたい一冊です。, [{"key":"著者","value":"久坂部羊"},{"key":"出版社","value":"幻冬舎"},{"key":"小説ジャンル","value":"医療小説"}], 安楽死というテーマを、医者、患者の家族、マスコミ、医師会、政治家、官僚、製薬メーカーなど、様々な立場からの欲望や思惑を絡めて、とてもリアルにダイナミックに描かれています。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51dNZMAfe3L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15068107%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15068107%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101201927?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101201927"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101201927.html"}], ランキング19位は、『カエルの楽園』です。噂の「予言の書」です。寓話的に語られているのですが、実は今の日本の現実がわかると言われています。楽園の本当の姿がどんなものか?目をそらさずこの小説を読んでみてはいかがでしょうか?すべての人におすすめしたい一冊です。, [{"key":"著者","value":"百田尚樹"},{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"小説ジャンル","value":"寓話的小説"}], 現在の日本の在り方について、「優しい」「良い人」である日本人は本当にそれだけでよいのか?これから日本をよくするにはどうするべきなのか?日本人として誇りを持つためには本当はどうするべきなのか?考えさせられる本です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51PEZM1BVVL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1194141%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1194141%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4167151111?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4167151111"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4167151111.html"}], ランキング18位は、『斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス 外七篇』です。日本文学史上に永遠に残る文豪の一人である太宰治の中編・短編集です。この一冊を読めば、太宰治の主な作品を読めると思います。「人間失格」は、読んだことはなくても、ほとんどの日本人が知っている作品なのではないでしょうか。一度、じっくり読んでみませんか?全ての日本人におすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"太宰治"},{"key":"出版社","value":"文春文庫"},{"key":"小説ジャンル","value":"純文学"}], 中短編合わせて11作入りという、豪華な文庫本。これでもかとばかりに太宰の世界です。「斜陽」から読み始め、そこからは順番を変えて最後に「人間失格」で終えました。結局のところ、ほとんどの作品で主人公は「死にたがっている」ため、読後感はかなりつらいものがあります。しかし圧巻の力量。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51QyAm7YKsL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13104755%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13104755%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4048692712?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4048692712"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0012154625.html"}], ランキング17位は、『ちょっと今から仕事やめてくる 』です。ブラック企業に勤める主人公・隆は、疲れ切って線路に落ちそうになったところを一人の男に助けられて…。映画化もされ、話題になった本書ですが、第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞受賞作品です。激務に疲れている方やブラック企業にお勤めの方にはもちろん、これから社会人になる若者におすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"北川恵海"},{"key":"出版社","value":"アスキー・メディアワークス"},{"key":"小説ジャンル","value":"青春小説"}], どんなに厳しい会社でも3年は続けろ。とか言う人がいたり、いなかったり・・苦しんでいる人に読んでほしいと思いました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51nGGWIirYL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdorama%2F9784101239187%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdorama%2F9784101239187%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101239185?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101239185"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101239185.html"}], ランキング16位は、『凶悪―ある死刑囚の告発』です。人間とはここまで残虐になれるものなのかと思わせるドキュメンタリー小説です。フィクションだと、逆にリアリティがなくなりそうなほど恐ろしい犯罪を犯す人間の実話です。まさに凶悪です。映画化もされ、話題にもなった作品です。映画を観た方にもおすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"新潮45編集部"},{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"小説ジャンル","value":"ドキュメンタリー小説"}], 映画化されたとき気になっていたが、見るチャンスを逃した。本を読んで見たが、あまりの凶悪性にただ驚くばかり。事実なのだから一人でも多くの人に読んで欲しい。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51fTJrV0PXL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0017393307%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0017393307%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4167904381?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4167904381"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0012248647.html"}], ランキング15位は、『ロスジェネの逆襲』です。大人気の半沢直樹シリーズ第三弾です。第三弾も痛快です。今回は子会社に飛ばされた半沢と親会社・東京中央銀行との戦いを描きます。苦戦を強いられる半沢たちでしたが…。全てのサラリーマンを元気にスカッさせる読後感は、池井戸作品の真骨頂です。働く方々におすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"池井戸潤"},{"key":"出版社","value":"文藝春秋社"},{"key":"小説ジャンル","value":"ビジネスエンタメ小説"}], ここのところ池井戸作品を連続で読み漁っています。読み物としての完成度、勧善懲悪の気持ち良さ、自身の生き方の振り返り、どこを摘んでも一流の小説です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41cE-Mu4Y-L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F3999934%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F3999934%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102122044?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102122044"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4102122044.html"}], ランキング14位は、『星の王子さま』です。砂漠で出会った男の子は、小さな星から来た王子さまでした。いろんな星に旅をして、七番目に付いたのが地球でした。様々な国で翻訳され、70年以上も愛されてきた大ベストセラーです。「たいせつなものは目に見えない」という言葉に多くの人々が共感した、子供にも大人にもおすすめしたい一冊です。, [{"key":"著者","value":"サン=テグチュペリ"},{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"小説ジャンル","value":"児童文学"}], 今までで何度も繰り返し読んだ本です。可愛くてまっすぐな王子様の言葉にいつも心をうたれます。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41J3TjWsxqL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4049400%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4049400%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102159711?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102159711"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015482588.html"}], ランキング13位は、『フェルマーの最終定理』です。三世紀に渡って、天才数学者たちが、数学という学問の世界で最も難解であると言われた問題を証明するまでの感動のドラマです。それがどれだけ難しいことなのかを理解出来る人にとっては面白い小説だと思われます。数学好きな方におすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"サイモン・シン"},{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"小説ジャンル","value":"数学ノンフィクション小説"}], フェルマーの最終定理を軸に置いた、ピュタゴラスの時代からの数学に関するドラマを、興奮を覚えながら興味深く読み進めることの出来る著作である。そして、知的好奇心のみならず感情も刺激される。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61Q0nuJfgtL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0016149713%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0016149713%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4334745695?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4334745695"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0010851408.html"}], ランキング12位は、『ルパンの消息』です。横山秀夫初期の作品です。15年前に自殺した女性教師は実は殺人だったという情報から、三億円事件を含む様々な事件が絡み合って…。一体犯人は誰なのか?展開が早く、ページをめくる手が止まらない面白さです。ミステリー・推理小説ファンにおすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"横山秀夫"},{"key":"出版社","value":"光文社"},{"key":"小説ジャンル","value":"推理小説"}], 最後の最後まで気が抜けない小説で、とてもおもしろかったです。横山さんの小説は主人公にちょっと暗い感じがあるのですが、この小説も不思議と後味は良いです。ルパンという怪盗のイメージをうまく小説に取り入れていて、ストーリーも巧で、推理小説好きにはおススメです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/517JSjdBl6L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0017205098%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0017205098%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041016878?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041016878"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4041016878.html"}], ランキング11位は、『夏美のホタル』です。カメラマン志望の大学生・慎吾が恋人の夏美と出かけた山里に小さなよろずや・たけ屋がありました。ヤスばあちゃんと地蔵さん親子が営んでいます。夏の間、ここで過ごすことに決めた二人。慎吾は卒業制作のため、シャッターを切り続けます。そんなとき、よろずやの地蔵さんには悲しい過去があることを知って…。爽やかな涙を流したい人におすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"森沢明夫"},{"key":"出版社","value":"KADOKAWA/角川書店"},{"key":"小説ジャンル","value":"青春小説"}], お年寄りとこういう関わり方ができたらなぁ、なんて憧れてしまう。大型バイクを操る夏美はカッコよく、そして熱いハートの持ち主。夏美と夏美の彼氏、視点が移動しながら物語は季節感たっぷりにサラサラと進みます。心地よい青臭さを楽しむ青春小説です。読了のあとのスゥッと肩の力が抜ける感覚がいい。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51gtsyKY3PL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5888047%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5888047%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101058245?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101058245"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101058245.html"}], ランキング10位は、『さがしもの』です。自分が売った古本に再び巡り合う「旅する本」や表題ともなっている、病に伏す祖母から一冊の本を探してほしいと頼まれた少女の物語「さがしもの」など9つの「本」についての短編集です。本の虫を自認する方にはもちろん、ハートウォーミングな短編集がお好きな方におすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"角田光代"},{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"小説ジャンル","value":"本好き感動小説"}], 本にまつわる物語が数編。心を揺さぶられた本と数年後思いもよらぬ所で再開し読んだとき、読感が変わっている…とても共感できるものが多く、そして自分もそうなっていきたい。本好きな方勧めたい。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41CxQTJZ9iL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frenet3%2F0012321058%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frenet3%2F0012321058%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4309414265?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4309414265"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4309414265.html"}], ランキング9位は、『昨夜のカレー、明日のパン』です。テツコの夫・一樹は25歳で亡くなってしまいました。テツコは、夫の義父と今も一緒に暮らしています。テツコの恋人の岩井さんや一樹の幼なじみなど、周囲の人と交流する中で少しづつゆっくりと一樹の死を受け入れていく…。そんな感動の小説です。元気になりたい方におすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"木皿泉"},{"key":"出版社","value":"河出書房新社"},{"key":"小説ジャンル","value":"感動小説"}], 木皿泉さんの作品はどれも疲れた心に元気をもらえます。この本はドラマ化もされた作品です。生きる上でヒントになったり、励まされる言葉がたくさんちりばめられていて、ドラマをみた方でもぜひ原作を読んでいただきたいオススメの作品です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/515rm7sCqwL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15080268%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15080268%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041059356?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041059356"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0012632315.html"}], ランキング8位は、『幻夏』です。刑事の相馬には、小学生の頃「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」という言葉と奇妙な印を残して、親友が突然消えてしまうという出来事がありました。親友はどこにきえてしまったのか?次第に相馬の前に恐ろしい罪が浮き彫りになり始め…。ミステリーファンに絶対おすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"太田愛"},{"key":"出版社","value":"KADOKAWA"},{"key":"小説ジャンル","value":"ミステリー小説"}], 冤罪に関わるストーリーはいくつも読んできました。運が良いのかどれも面白く非常に高い満足度でした。しかしこの作品の面白さ、満足度は今までないものでした。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51OTPM9XdXL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frenet3%2F0011900002%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frenet3%2F0011900002%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4344421078?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4344421078"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fdorama2%2Fn33008526.html"}], ランキング7位は、『虹の岬の喫茶店』です。小さな岬で小さな喫茶店を営む一人のおばあさんがいました。おばあさんはそこで何かを待っているようでした。おばあさんのいれた美味しいコーヒーと訪れる人々のために選曲する音楽に、心が傷ついた人々は癒やされてゆきます。心温まる小説です。美しい涙を流したい方におすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"森沢明夫"},{"key":"出版社","value":"幻冬舎"},{"key":"小説ジャンル","value":"感動癒やし小説"}], 現実離れしたファンタジックなお話ですが、登場人物がみなチャーミングで、とっても好きな本です。心が芯から癒されました。ひさしぶりに、宝物にしたい作品に出会えて嬉しくおもいます。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41IhIjm8ERL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4290620%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4290620%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4334741924?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4334741924"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fdorama2%2Fn31828831.html"}], ランキング6位は、『トリップ』です。東京の片隅で普通に生きている人々の物語です。それぞれがみんな、小さな不幸と小さな秘密を抱えて生きている…そんな連作小説です。生きることは簡単なことじゃないけれど、生きていこうと感じさせてくれる本です。普通の人、全てにおすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"角田光代"},{"key":"出版社","value":"光文社"},{"key":"小説ジャンル","value":"感動小説"}], 角田さんの描く人間は、ごく普通に見えながら、皆、闇を抱えている。自分のことを「わたし」ではなく「あたし」というここに登場する女性たちの言葉遣いは、現在のごく日常的、平均的な日本語なのだけれど、活字として読むと品がなく悲しい。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/512o8kUwgJL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015595655%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015595655%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4887595700?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4887595700"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4887595700.html"}], ランキング5位は、『手紙屋』です。平凡な大学生で就活中の僕は、とある書斎カフェで「手紙屋」という変わった広告を目にします。10通の手紙のやり取りをするだけで、夢を叶えてくれるといいます。僕は、手紙を書くことにしました。働くこと、成功すること、幸せな人生とは…。就活生の方にはもちろん、人生で今立ち止まって途方に暮れている人にぜひ読んでいただきたいおすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"喜多川泰"},{"key":"出版社","value":"Discover"},{"key":"小説ジャンル","value":"感動青春小説"}], 転職をして、もう直ぐで1年になります。本当にこの選択は間違っていなかったのか?と考えている日々。恥ずかしながら、未だになにかの選択をする際に「条件」に囚われていたんだと思いました。人生をかけて、どんな人間になりたいのか?周りの人になにを提供できるのか?自分なりの答えを見つけようと思いました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51kcpXO07rL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2Fbec9c61f7bd6392888fa91290d7b1162%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2Fbec9c61f7bd6392888fa91290d7b1162%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/410111708X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=410111708X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fdorama2%2Fn32177403.html"}], ランキング4位は、『漂流』です。江戸時代の天明年間にシケ似合って絶海の火山島に漂着した土佐の漁師たち。水もなく、生活の手段が一切ないこの島でどうのように生きていくのか?次々と倒れていく仲間の漁師たちの中で、12年間もの間、たったひとり生還した長平は、なぜ生き残ることが出来たのか?その壮絶な生き様を綴ったドキュメンタリー小説です。何かに疲れ、全てを投げ出したくなっている人におすすめの一冊です。, [{"key":"著者","value":"吉村昭"},{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"小説ジャンル","value":"ドキュメンタリー小説"}].