必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。, 人材紹介会社やハローワークではうつ病の転職成功実績も多く的確なアドバイスをもらえます。, 登録すると求人がレコメンドされますが、診断目的だけでの利用もOK。体調が万全に整うまでは求人情報を確認するツールとして活用しましょう。, 適正チェック後には企業からオファーが届くシステムですが、市場価値を把握する目的だけでの利用もOK。体調が万全に整ってからオファーに応えましょう。. 障害者 雇用・採用・求人のアットジーピー 障害者 就職・転職の仕事探しをサポートします. 圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。 オファーはすべて面接確約で転職活動が効率的。, しかし、うつ病の転職成功事例が多数ある=うつ病の事実を理解してくれる企業が多数存在するのは明白です。, まず心を休めるのが最優先ですが、その上で自分自身を見つめ直し、自分が持つ強みと弱みを理解しましょう。, うつ病とは切り離した状態で、自分の過去のキャリアをまとめて言語化していくのがポイントよ。, 言語化しておくと転職活動以外でも役に立ちそうだよ!休職の機会を利用して自分の人生を振り返る貴重な時間にしていきたいね。, リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。, 登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。, 転職実績No.1!非公開求人10万件以上! うつ病などの精神疾患で仕事を辞める時に診断書を要求されたら必要なのか?そんな疑問に答えます。診断書をもらえる期間・料金などを解説します。うつ病になった時に必要な手続きや退職の手順・仕事の始め方・精神疾患に特化した転職エージェントなども紹介。 病院に行ったらうつ病と診断され、休職をすすめられました。体力も限界だし休職したいけど、この後の流れってどうなるんだろ?, 確かに休職の流れってよくわからなくて不安ですよね。ネットで調べても実体験があまり出てこないので、実際どういった流れなのかよくわからないですよね。, この様に休職の流れは、ネットでも中々実体験を紹介したものはありませんよね。この記事ではうつ病と診断され休職するまでを管理人の実体験を元に流れを紹介します。この記事を読めば、実際の休職の流れを知る事が出来るため手続きに対する不安が無くなります。会社によっては多少異なりはするものの、大枠の流れは一緒かと思いますので参考にしてください。, 通常重度のうつ病じゃない限り、休職の判断は本人に任される事が多いと思います。その場合は、その場で診断書を書いてもらって休職するかを決めなければいけません。ただ余程のことがない限り、会社との調整もありますので一度持ち帰り上司や同僚に相談する事をおすすめします。私の場合も休職を勧められましたが、その場では一度保留する事にしました。, 休職は実は法的な根拠がないため、必ずしもどこの会社にあるわけではありません。また会社によって休職期間の上限が違ったりするため必ず確認が必要になります。私も自分の会社の社内規定を読み、会社側に話す前に休職が制度としてあり、その期間が1年である事を事前に確認しました。, 一般的によほどのことがない限り、休職する前に病状や休職するかもしれない事を上司と相談すべきかと思います。理由は2つあります。, 私の場合は、残念ながら①は勇気を持って言ったものの結果として仕事量はほぼ減らなかったです。でも②に関しては、上司へ話したおかげで、新たな仕事は私へは振ってきませんでした。その結果、仕掛り中の業務がなかったため引き継ぎがスムーズに済み、周囲への迷惑はあまりかけずに済みました。, これは人によってある人とない人が分かれる所かと思います。私の場合は③で上司へ相談したところ、会社のかかりつけ医である産業医とも面談する事になりました。会社側の医者という事ですが、会社の産業医は精神疾患の専門医でないため、そんな身構える必要はありません。また守秘義務があるので、こちらが許可しない限り産業医から会社側に情報が伝わる事は無いので安心して答えましょう。なお私の場合は、事前に産業医と上司の方から情報を共有しても良いかと確認を取られたので共有して良いとと答えていました。よほど会社側に知られたく無い情報がない限りそれで問題ないと思います。, 会社側とも相談して、休職を決意したなら病院で休職の診断書を書いてもらいましょう。ちなみに私のもらった診断書は、「うつ病のため○月1日より○月31日までの間、休養が必要である」という記載内容だった。この文言は病院によって違いがある様で、私の行っていた病院は、いつから休むかを書かないといけないということで、開始日を記載していた。詳細をどうするかは主治医と相談してください。, 病院からもらった診断書と共に休職する旨を上司に話します。これであとは、社内の規定に則り休職届等を提出するだけとなりますので、社内手続きに則り手続きを進めていきます。, 会社にもよりますが、一般的に休職する前に休職届を会社へ提出します。書き方は社内の手続きや担当の方に聞いて間違いがない様にしましょう。, うつ病や適応障害の診断を受け、体力精神力共にキツいところに、事務手続きまで中々頭が回らないかもしれないが、周囲への配慮も含め、なるべく丁寧に迷惑のかからない様にする様にしましょう。なぜなら休職は復職する事が前提にあるからです。転職する事が確実な人以外は、復職しづらくなる様な休職の仕方だけは避けた方が無難だと思いますので、上司や周囲への配慮及び書類の手続きはきっちり行う様にしましょう。, 以上が、私が実際に経験したうつ病の診断から休職に至るまでの流れと注意点です。人によって流れは違うものの、大きな流れは変わらないでしょう。ぜひ、周囲への配慮と確実な手続きをして気兼ねなくゆっくりと休める様に手続きをする様にしてください。以上、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。, 「うつや適応障害の方がもっと生きやすく」がモットーで実体験をもとに病気に役立つ情報をブログ発信します⭐️, 娘二人を持つ30代の会社員。東証1部上場企業で15年経理業務に従事。 うつ病や適応障害のセカンドオピニオンのメリットやデメリットを知りたくないですか?本記事では管理人自身の体験談を交えてセカンドオピニオンのメリットとデメリットを解説します。現在セカンドオピニオンを検討中の方、是非記事をご覧下さい。... https://manga-bear.com/wp-content/uploads/2020/05/スクリーンショット-2020-05-30-15.24.57-1.png. hbspt.cta.load(4974411, '9e9991e7-2309-452f-ae44-5ed2bdd0a0ab', {}); 順調にキャリアを積み重ねていましたが、ある日同じチームで働いていた同僚の退職を機に仕事の負担が増え、残業が徐々に増えていき、ついには残業時間が月に80時間にも及ぶようになりました。, そのような状態が数か月続いた結果、不眠の症状が出始め、業務に集中できなくなり、仕事でもミスが目立ち出す様になりました。, 結果として上司からの叱責も増え、同じチーム内の同僚との人間関係もぎくしゃくし始めました。, このような状況が4か月目を迎えた時期のある朝、突然体が思うように動かせなくなり、出勤できない状態になってしまいました。, そのような状態が一週間続いたのですが、何とか出社し、まずは産業医に相談したところ心療内科の受診を勧められました。, このアドバイスの通り心療内科を受診したところ、うつ症状が出ているという診断が下り、抑うつ薬と睡眠の改善を目的とした睡眠導入剤の処方を受け、休職しながら療養生活を送ることになりました。, 休職して服薬と休養をとったため、2か月後には少し体調も改善したので、以前の激務の仕事とは異なる監査の仕事を行う部署に配置転換となり、勤務に復帰しました。, しかし会社に復帰したものの、働き続けるにつれて以前のように一日で疲れが取れずに疲労が溜まるようになりました。, 結果的に、復帰後わずか一週間でベッドから起き上がれない状態になり、仕事を休んでしまいました。, その後勤怠が安定しない状態が続き、出社することができても頭がうまく回転せず、夜間の眠りも浅いため、日中も眠気に襲われる日々が続くようになります。, このような状態が続いたため、結局わずか一か月の復職ののち、再び休職することになってしまいました。, この時の休職期間は6か月にも及び、それでも心身ともに回復が見られず、その間にAさんは復職の時期について悩み続けます。, しかし、このままではいけないと思い立ち、インターネットでうつ病患者のへの支援や就労問題などについて調べた結果、「就労移行支援サービス」というものにたどり着きました。. うつ病経験は転職に不利という事実を知っておこう. 鹿児島県生まれ、埼玉県在住2児のパパ|自身の経験をもとにしたリアルな情報配信をモットーにしています。, 手続きは少し複雑で、特に『受診状況等証明書』では病気の発症や経緯を細かく記載する必要があります(病院を変更していると更に面倒). そこで今回は、20代でうつ病と診断されたときの転職やこれからのキャリア形成について、どうすればいいのかを紹介します。 目次. 同僚「体?メンタル?」 うつ病になったときに、現在の会社で健康だった時のように働き続けることができなくなることがあります。うつ病への理解があり、働きやすい企業に転職を考えるケースもあるでしょう。うつ病への理解があり働きやすい職場を見つけるための転職活動はどのように行えば良いのでしょうか? この余裕のあるときだからこそ転職活動に本気で取り組みたい。 【転職失敗の人も必見】 この記事は、管理人が転職をきっかけに、適応障害となり、最終的にうつ病と診断されるまでの記録を綴った記事である。 【体験談】うつ病と診断されたら休職すべきか? あなたにピッタリの hbspt.cta.load(4974411, '62d0d9f1-eb87-4057-b0d1-5623c53f054c', {}); hbspt.cta.load(4974411, '637c4fb1-b172-48a5-b6f9-ef2c706ddb8e', {}); 全国的にも珍しい障害特化型、ジョブ特化型就労移行支援事業所を運営しています。各障害に特化するからこそ効果のある就労支援プログラム、業種に特化するからこそ身につく実力。これまでに培ったノウハウから就職に役立つ選りすぐりの情報を日々発信して行きます。, 株式会社ゼネラルパートナーズは「プライバシーマーク」の使用許諾事業者として認定されています。. 日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。 順風満帆の社会人生活を送ってきたが、転職を機にうつ病を発症し現在休職中。将来の副業収入及び、同じ様な境遇の方に役立つ情報を発信したいうと思いきあらブログ「うつの道しるべ」を始める。 キレイごと抜きにしてお話すると転職活動において、 うつ病を経験した事実は不利になることが圧倒的に多くなります。 なぜかと言うと、うつ病は再発することも多く、どこの企業も社員のうつ病の対応には苦慮しているからです。 さまざまな原因でうつ病になって苦しんでいる人がいます。根本的な原因を解決しなければうつ病は改善されません。, 仕事や職場環境が原因でうつ病になったなら転職するのも選択肢の一つ。うつ病になっても転職を成功させた事例は数多くあります。, 今回は、うつ病になった場合の対処法、うつ病でも転職が可能な理由と、うつ病でも転職を確実に成功させる秘訣を解説していきましょう。, 初めは日々の仕事が思うように進まない程度の感覚なの。でも小さなストレスを抱えたまま仕事を続けていたら、うつ病になるリスクがあるわ。, もしうつ病になったら仕事を辞めた方がいいと思うけど、転職できるか不安で辞められない人も多いんじゃないかな…?, 仕事に手が付かなくなるまでうつ病が進んでしまっていると、正常な判断ができなくなっている可能性もあります。, 仕事を続けるか退職するかの判断をする前にまずは会社を休職して心と身体を休めましょう。, うつ病は身体の不調じゃないから休むのはよくないと考える人がいますがそれは違います。, 休職に抵抗を感じる子も多いだろうけど、まずは身体が第一よ。会社に遠慮しないで休職制度を利用して。, うつ病の可能性があるなら勇気を持って精神科を受診し、仕事に支障が出ている原因が精神的な部分か体調的な部分かを正確に見極める必要があります。, 退職したら生活がままならないかも、今後再就職ができないかも…不安や心配が続くと、うつ病がさらに悪化してしまいます。, うつ病になった原因が仕事にあり、職場環境や人間関係が大きく関係していたとしても、退職ではなく部署異動などで症状が改善されるケースもあるようです。, 精神的な部分以外での自分自身の強みを明確にアピールできれば、うつ病での転職は十分に可能です。, うつ病の事実を考慮してでもぜひ採用したいと企業に思わせられれば、転職は成功します。, 精神的な不安があったとしても、それ以上にあなたの経験やスキルを欲しがってる企業はいっぱいあるのよ☆, 自分の仕事の適性を今すぐ診断したい求職者は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。, 簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます。, 例えば「社交性」や「親密性」があると診断された人に向いている仕事は、コミュニケーション能力が重視される営業職や接客業です。, 「独創性」や「柔軟性」があると診断された人は、新しいものを創り出すクリエイティブな仕事や新たなアイディアを出す企画職に向いていると言えます。, たった数分で適性が見えてくるので、自分にどんな仕事が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。, 求人数4万件超!利用満足度No.1! 理由はうつ病。 転職において、”障害がある”という事実は採用に影響するため誰しも隠しておきたいことでしょう。そもそもデリケートな情報ですから、積極的に話したいと思う人も少ないはずです。, しかしながら、もしうつ病で仕事をやめて転職時の面接で「病歴は?」と聞かれた時、うつ病の事実を告げないのは法的に問題はないのでしょうか?, 一概に判断が難しい問題ですが、うつ病で仕事を辞めた後、転職時の面接で病気について説明すべきか、法令や判例などを挙げつつ考えていきます。, 以前勤めていた会社をうつ病で退職し、転職時における面接でうつ病という障害を告知する義務があるかどうか。これは非常に難しい問題です。, 面接時における既往歴の告知に関して法的義務はないものの、状況次第では裁判沙汰になるケースもあります。病歴を隠して就職した結果、トラブルになった実際の事例を見てみましょう。, 腰のヘルニアの治療を受けたことがあるAさんが、その既往歴について隠したまま電気設備会社に入社しました。, その後、仕事中に腰を痛める事故の発生と業務上の命令に従わなかったことを理由に解雇されます。, これに対し裁判所は、「8か月間において普通に働けていたことを考えると、ヘルニアの事実を隠していたことは解雇事由に当たらない」としながらも、「度重なる命令違反などもあったため、解雇自体は有効である」と認められています。, 視力が右目1.2、左目0.03で矯正もできない視力障害を持った人が、視覚障害を隠したまま入社しました。, しかし、視覚障害があることが発覚し、さらに重機を操作する職種だったため、「病歴詐称」「業務不適格」などを理由に解雇されます。, このケースに対し、裁判所は、「採用面接時の運転技術に問題ないとの判断で雇用された事、大型特殊免許の更新がされていた事を勘案し、業務に支障が出るとは言えない」と判断しました。, また、大型特殊免許は大型自動車免許より高度な免許であるため、視覚障害があると危険という会社側の主張も「免許の合格基準などが異なる」との理由で認められませんでした。, その結果、解雇後の賃金や賞与の請求が認められて会社に対して賃金等の支払いが命じられました。, どちらも最終的に既往歴や障害を理由に解雇されたことは「不当解雇にあたる」と判断されています。, ただし、注意しなければならないのは、「それまで普通に働けていた」という事実が前提になっているということです。, もし、うつ病などの障害を隠して入社し、すぐ疾病によって業務に支障が出たのであれば、上記のような判断にはならない可能性も十分に考えられるため、病歴を隠して入社しても問題はないと考えるのは早計と言えるでしょう。, これらが正しいとするなら、雇用する会社側が面接時に既往歴や障害の有無を聞けばよいのでは?という話にもなりそうですが、それには少し注意が必要です。, 個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、要配慮個人情報を取得してはならない。, つまり、一般企業が本人の了承なしに国籍や病歴などのデリケートな情報を取得してはならないということです。, ただし、条文にある「個人情報取扱事業者」は5000人以上の個人情報を取り扱う事業者を指しますので、5000人未満の企業であれば、要配慮個人情報の取得が許されるかのようにも思えるでしょう。, (中略)労働者の募集を行う者及び募集受託者並びに労働者供給事業者及び労働者供給を受けようとする者は、(中略)その業務の目的の達成に必要な範囲内で求職者等の個人情報を収集し、並びに当該収集の目的の範囲内でこれを保管し、及び使用しなければならない。(中略), 個人情報には当然病歴などの要配慮個人情報も含まれるため、面接で安易に病歴などを聞いてはならないという解釈ができます。, しかしながら、職業安定法第5条4には「業務の目的の達成に必要な範囲内であれば、個人情報を取得することが可能」との記載があり、さらに同条文には続きがあります。, ここまでを踏まえ、うつ病である求職者と採用側の事業者の双方の視点でまとめてみましょう。, 職業安定法第5条4の「正当性」に明確な定義はありませんが、最初にご紹介した視力障害者が不当解雇だと認められたのは、片目だけの視力が弱い事やそれまで業務が問題なく行えていた事が主な理由です。, もし、両目共に視力が弱く、明らかに重機を動かすことが危険なのに病歴を詐称していたならば、その事を理由に解雇されたとしても文句は言えないでしょう。, 上記までのケースを勘案すると、うつ病を理由に頻繁に会社を休むとか遅刻が多くなる可能性があるなら、面接時にうつ病であることを説明しなければならないと考えられます。, いくら法律や判例で「業務に支障が出るなら面接時にうつ病と告白しなければならない」とされていたとしても、うつ病を発症した本人からすれば「転職に不利だからできれば隠しておきたい」のが本音ではないでしょうか。, 確かにうつ病であることを隠して入社し、その後も業務に支障なく仕事を続けられるなら、病歴を隠しておくのもあながち間違いとは言えないかも知れません。, ただ、1つ大事な注意点があります。それは、労働安全衛生規則第43条にある以下の規定です。, 事業者は、常時使用する労働者を雇い入れるときは、当該労働者に対し、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。, ただし、医師による健康診断を受けた後、三月を経過しない者を雇い入れる場合において、その者が当該健康診断の結果を証明する書面を提出したときは、当該健康診断の項目に相当する項目については、この限りでない。, 本条文の「次の項目」ですが、少々難解な用語もあるため、要約してご紹介すると以下のようになります。, 上記規定の通り、面接した人を雇い入れる際に事業主は健康診断を行わなければならない義務があり、雇用後も定期的な健康診断が義務付けられていますので、いくらうつ病を隠しても健康診断でバレてしまう可能性があるのです。, 条文では、前職で受けた健康診断結果の提出でも良いとしていますが、もし面接を受けた会社から健康診断の結果表などを求められた場合、その結果表にうつ病とでも書かれていたら嘘が発覚し、不採用になるリスクもあるでしょう。, こういったリスクも踏まえると、自身のうつ病が仕事にどのくらい影響するか、医者や専門家と相談しつつ転職に臨むのが最善の方法と言えるでしょう。, 求職者が面接に受かるためうつ病を隠そうとする反面、採用する企業側は「どんな人物か、会社に適応できるか、戦力になるのか」など、疾病や障害に関しても包み隠さず話して欲しいと考えています。, 求職者と企業がお互いに理解し配慮することができなければ、このジレンマを完全に排除するのは難しいでしょう。, うつ病になって転職に不安がある場合、うつ病を隠すか隠さないか一人で悩まず、医師や家族、就労支援事業者などに相談してみることをおすすめします。, 障害者の方が自身のキャリアについて考える時、何となくぼんやりしたイメージはあっても、それを就職や転職、自分の将来にどう活かすべきかイマイチ分からない方[…], 「障害者を雇用するにあたっては個別性に配慮しなければならない」 これは誰かがボランティア精神で発言したものではなく、障害者が安心して暮らせる社会の実現[…], 発達障害者にとって直そうと思っても直せない癖や症状は様々で、個別の特性により、仕事で大きな失敗をしてしまうケースも少なくありません。 だからといって諦[…], 障害の有無に関わらず、電話応対や接客に苦手意識を持っている方は多いでしょう。 電話応対も接客も直接お客様との接点となる「会社の顔」ですので、緊張するの[…], 精神障害者の離職率や就職率が職業別で全く違うのをご存知でしょうか。 統計上、「マニュアル化しやすい仕事」や「判断力を必要としない仕事」が最も就職率が高[…], 障害者雇用を検討する企業にとって、精神障害者の仕事内容を考えるのは容易ではないでしょう。 基本的に精神障害者の仕事内容は、簡単で単純なものが多いと言わ[…], 事業者はうつ病等の病歴を含めて個人情報の取得は許されないが、業務に必要な範囲内なら本人に病歴を聞くことはできる. 特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!, 20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。, 主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。, 求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い。 細かくいうと、 うつ病で退職した人は「特定理由離職者」と呼ばれ、受給条件が緩和されます。 特定理由離職者であるとハローワークから認めてもらうためには、病院からうつ病による退職であるという診断書を提出することが必要です。 完治してからこいというのはもっともだけど、完治したら健康保険からのお金が出なくなるからなぁ。 退職代行なんて、と思っていたけど、お世話になるとは。感謝しかない。弟の命を助けてくれてありがとう。, — おづ(やまぎし)ももこ (@ozukun016) October 17, 2018, 数年前、まだ今ほど退職代行というワードが浸透していない頃、一度だけお世話になったことがある。退職手続きを進めてもらえずどうしてもしんどくて、必死にネットで調べて電話で泣きついたのをよく覚えている。賛否両論あると思うけど、その時救われた自分がいるので、自分は必要なものだと思います。, 「会社をバックレたい…」という気持ちで身動きがとれなくなってる人には、きっと救いのサービスになるはずです。, うつ病からの転職は、まずは休職して心身をしっかり休めることからスタートしましょう。, 再発の無い就労を続けていくためには、「うつ」という病気を持病として捉えて上手に付き合っていく姿勢が必要になります。, 再発のリスクを抑えるためには、心のコントロールができる状態になってから、焦らずゆっくり転職活動を始めてみましょう。, 自力でうつ病からの転職を成功させる自信がないというあなたは、転職エージェントの活用もおすすめです。, キャリアピックスでは、あなたがうつ病からの転職に成功することを心より願っています!, お金に関する不安を最小限にして治療を行うためにも、傷病手当を受給できるように必ず申請しましょう。, が原因でうつ病になったのであれば、そこから逃げ出さないとあなたの心と身体が壊れてしまう, 「うつ病に理解がある会社」とは、以下のような「うつ病の人と一緒に働く意識を持っている会社」, あなたがうつ病であることをオープンにして、面接官などの反応から「うつ病に理解がある会社なのか?」を自分で判断するしかありません, 面接官から病歴を聞かれた場合は正直に答えないと後々トラブルの種になってしまう可能性があります。, 面接に臨むのはもちろんあなたですが、それ以外の企業とのやり取りはすべて代行してくれるため, 40代でスキルや経験はあるけれど、うつ病からの転職で自信がないという方は、転職エージェント「from40」に相談.