業務内容.

>交雑が可能だったスマトラオオヒラタクワガタと日本のヒラタクワガタは、分化してから150~500万年も経過しています。 ってことからDorcus titanusはヒラタの中でも最後発の進化系で 島国に対応するために小型化したのを踏まえて ビノデュロサスの飼い安さとグランディスのサイズ、良いとこ取りの雑種強勢って事も考えられる。, 標本鑑定である程度の亜種が判断効く種群なのに同腹でこれだけバラつくってのが交雑の確たる証拠なんだよなぁ。, ヘラクレスヘラクレスの場合だが大型のメスの方が産む卵の大きさもデカいし、孵化してくる幼虫も明らかにデカい, でもなぁヤエヤマコクワなんか他のアマミコクワとの違いをやたら念入りに調べてたのに、あの執念はどこへ行ったん?何に目が眩んだの?, あかがねヒラタは一種の品種だ!ってあかがねブリーダーは言うけど、交雑が確定したらどうかな?, あかがねが本当に純血本土だとして、作出者の飼育技術が本物ならパラワン130mm、スマトラ110mmくらい出しても不思議じゃないよね?, https://katosei.jsbba.or.jp/download_pdf.php?aid=636, http://column.odokon.org/2015/0410_142600.php, https://www.hokudai.ac.jp/news/140206_pr_ees.pdf, https://www.asahi.com/articles/ASM485JJXM48OBJB00F.html, http://www.env.go.jp/policy/kenkyu/suishin/backnumber/suishinhi/jpn/sympo/h19sympo/Goka.pdf, https://www.nies.go.jp/kanko/kankyogi/18/04-09.html, https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/insect/1573806704/. 792-0812 愛媛県新居浜市坂井町2丁目8番1号 Tel:0897-31-0305 Fax:0897-31-0306 .

Charm Blog Copyright © 2018 Charm co., ltd. 野外に放たれた外国産ヒラタとの交雑種となぜ気が付かない? オオアゴの外縁の湾曲、本土ヒラタでは絶対あんなのにならないし むし社のせいか? 415 :||‐ ~ さん 2019/04/12(金) 07:43:27… 連絡先.

ヒラタクワガタの場合、外国産と国産ヒラタが容易に交雑してしまうことが、過去の実験結果から得られています。 例えば、本土ヒラタとスマトラオオヒラタのF1にも繁殖能力が認められ、交雑個体として代を続けることができる ということも報告されています。

国産ヒラタで 86.3mm って信じられないですが、むし社さんが認定してますので、気持ち良く " 本土ヒラタ " として受け入れたいと思います(^^) ちなみに、 イロクワ45 さんの 種親は ♂82.5mm × ♀45.4mm って・・・これでも十分デカイ(^^) さて・・・どんな個体か? 交雑の可能性が高いと解析されたところで、新居浜で採集し、新居浜で育てたのだから新居浜産だろ!って、裁判所で主張された場合に、国産の定義が統一されていない時点で勝ち目無し 今の昆虫業界には血統書も何もない

あかがねヒラタは特殊な飼育法だから一般的な飼育方法で飼育した国産ヒラタとは違う特徴が出るんですよ。bdだけではないのです。温度、湿度、酸素濃度にまでこだわり抜いた究極の飼育法がなせる造形美があかがねヒラタなのです。 あかがねミュージアム(新居浜市美術館・新居浜市総合文化施設)は、「創る・学ぶ・育む」をコンセプトに、文化の継承・発展とひとづくりを目的としています。 そもそも、”放虫行為”はなぜいけないことなのか、ざっくりと解説していこうかと思います。さらに、ヒラタクワガタのグループの場合、放虫の影響は特に深刻です。”知らなかった”では済まされないレベルの事態も起こり得えますので、ヒラタ愛好家の方も、そうでない方も、ぜひ一読をお願いします。, の2つがメインですね。このうち、2番目の「近縁種と交雑し、遺伝子汚染を引き起こす可能性」について、その影響がヒラタクワガタの場合特に深刻です。, 昨今、外国産マルバネクワガタの一部が特定外来生物に指定されたことは、記憶に新しいですね。彼らが規制された理由としては、まさに上述の2つです。, ヒラタクワガタの場合、外国産と国産ヒラタが容易に交雑してしまうことが、過去の実験結果から得られています。例えば、本土ヒラタとスマトラオオヒラタのF1にも繁殖能力が認められ、交雑個体として代を続けることができる ということも報告されています。, また、外国産だけでなく、離島のヒラタも同様です。さらに言えば、本土産であっても異なる地域で採集したヒラタでも同様です。, 外見上は似たり寄ったりの”ヒラタクワガタ”ですが、交雑により遺伝子汚染が起きてしまった集団を、元の純系の集団に戻すことはできません。, ヒラタクワガタは多くの個性的な亜種があり、その進化的背景が興味深く、そのうえ入手しやすく、とてもカッコいい、大変魅力的なクワガタです。彼らが多種多様な亜種に分化してきた背景には、何千年もの時間が掛かっています。”放虫”という行為は、彼らがそれだけの時間を費やして紡いできた歴史を、”交雑”という形で, ここ数年でも、遺棄された外国産ヒラタが野外で見つかったという悲しい報告があるようです。このような報告が数多くあがってきてしまうようでは、真っ先に規制の対象となるのはヒラタクワガタのグループでしょう。それだけでなく、ひいてはすべての外国産昆虫が、マルバネクワガタのように規制の対象になり、飼育を楽しむことそのものが許されなくなってしまうかもしれません。, もし何らか事情で手放さざるを得なくなった場合、その時は標本にしてしまうのが、長い目で見て彼らの進化の歴史を守るためには最善です。冷凍庫に3時間も入れて置けば、標本になるでしょう。, 放虫。ダメ。ゼッタイ。魅力的な昆虫飼育を長く続けていくためにも、絶対にやめましょう。.